カレンダーと世界時計

カテゴリーとお知らせ

nekoste

※売買判断は自己責任で。情報商材に関するものは削除します。


最新の記事

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

複利計算ツール

開始証拠金
増加率(%)※小数点可
期間
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

QRコード

QRコード

最近のコメント

最近のトラックバック

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 前日の記事で、ドル円が急落を見せる場合、NYクローズ前後あるいは直後のオセアニアでセリングクライマックスとも言えるとどめを刺す急落を見せると書いた。このようなチャートは7月10日などにも現われている。
 気になる記事を見つけた。だいまん氏が書いたクライマックスは、まだNYクローズ後の、個人証拠金のマージン・コールの投売りまで訪れない。である。この記事は7/27の3:08に配信されている。実にこの後80銭程度下落してデイレベルのクライマックスを迎えている。後講釈にありがちな市況コメントではなく事前に察知できている点が興味深いのである。
 東京の主婦の話題がブルームバーグを通じて世界で配信されたように日本の個人のFX取引は拡大の一途を見せ、投機筋と肩を並べる勢力になったとも言われている。この日本人投資家のポジションの偏りは言うまでもないだろう。ポジション動向さえ掴んでおけば同じような現象が定期的に起こっているのだからディーラーやFX業者、インターバンクに近い筋はこの動きは想像できるだろうし、○○○系の投機筋などは実際こういった不均衡に乗じて仕掛けているのだろう。
スポンサーサイト

タグ : セリングクライマックス 東京の主婦 ブルームバーグ

 今週、あちこちで東京の主婦が話題になっているがソースは7月6日のブルームバーグ記事、東京の主婦らの円売り、シカゴのプロのトレーダーをしのぐ勢いにある。
 この図を見ても、ユーロ円はV字回復しドル円は大きな力に買い支えられドルストレートの中では異端な動きになっている。トレンド転換の順序がクロス円>ドル円になっている。ブルームバーグ端末なんか見ないからサブプライムローン問題などどこ吹く風、そんな東京の主婦にとってドル円・クロス円の急落はお買い得なのだろう。



タグ : ブルームバーグ サブプライムローン問題


copyright © NYANKOSTATION all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
アクセスランキング なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。