カレンダーと世界時計

カテゴリーとお知らせ

※売買判断は自己責任で。情報商材に関するものは削除します。


最新の記事

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

複利計算ツール

開始証拠金
増加率(%)※小数点可
期間
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

QRコード

QRコード

最近のコメント

最近のトラックバック

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スキャル中心からデイスイング中心に変更の過程でどの通貨ペアが適当か思案中だがどれも似たような結果になる。
 ポンド円とドル円ならポンド円が約2倍の抜き幅、ユーロ円とポンド円なら1.5倍の差。典型的なスプレッド込みの評価である。
 レバレッジを固定させる取引を考えているのでこの抜き幅の差はどれも成績は変わらないということになる。ユーロドルもポンドドルも似たようなものであった。
 しかしポンド円についてはかなり極端なヒゲをきっちり捕まえた場合の評価である。ユーロドルについては指標のスパイクもうまく逃げられると踏んで検証されてしまっている。
 モバイル取引や寝起きにうまく乗り切れる手法はスキャルよりスイングのほうがやりやすい。そして約定のレスポンスが少々遅れても大丈夫な通貨ペアといえばボラが小さいほうがいい。もちろんストップにかかりにくいほうがよい。ストレートペアのほうが超短期トレンドにも持続性が大きくタイムラグが手仕舞いでは好結果を生むことさえある。
 これらを勘案すると、
理想的にはポンド円なんだが、現実的に対応できやすいのは以外にもストレートペアの割にボラの小さいドル円なんじゃないかと思った。ユーロ円は難化している。ユーロ円はもはや投機が動かす通貨なのかもしれない。
 ドル円が難しい理由を挙げるとすればレバ固定の場合、同じ評価額なのにポンド円より約2倍のポジションを持ち、ストップを50pに置くことはポンド円の100pに等しいということである。こう考えるとドル円も危険だ。
 年末に掛けて細々と併用してみよう。
スポンサーサイト

タグ : スキャル デイスイング ポンド円 ユーロドル モバイル取引 ストレートペア

 完全ドテンシステムを運用していたことがあった。このシステムはスイング向きと思っている。
 問題点は勝率が低いことになる。しかし、『損切りするくらいならドテンしてしまえ!』のルールは、躊躇しやすい損切りをスムースにしてくれるメリットがある。
 モバイル取引で、コソコソとアプリを開いて損切りしている姿は、周りから見ても自分で考えてみてもむなしいものだろう。次のチャンスのチケットを購入したというある種のチャレンジ意識が取引を継続させるモチベーションとなるのではないだろうか。
 続けやすいシステムじゃないとねえ。特に兼業にとって年末・年度末は厳しい。

タグ : システム取引 モバイル取引 スイング 勝率

ポンド円システム
 トレンド:↑
 エントリーサイン:なし
 リミットポイント(可変):なし
 トレンド転換ポイント:223.00

■運用状況
 ①ポジション:223.30 Short→223.72 close
 ※ロンドン早朝、所謂鬼門の時間帯ドル円の118超えのアタックに連れられてポンド円がトレンド転換し損切りした。遠隔操作モバイル取引の変わりに行っているが、新たに3つほどてこ入れして操作性を向上させた結果、細かいtickで損切り幅を小さくする工夫ができるようになってきた。詳細はもう少し使用経験を重ねてから取り上げたい。この後、223lowまで押せばロングしたいが、明日までサインが出なければ223midまでサインは上昇する。

■システム理論値vs実践成績
① ●-56pips ○-42pips
 遠隔操作の操作性の向上でストップ理論値より抑えることに成功。負けトレードだがこの14pの差はスキャル1回分に相当し大きい。ショートエントリーが10p上だったので転換後に損切りする心理的余裕もあった。あわよくばゼロ切りも考えたが鬼門の時間帯なので切った。

タグ : ポンド円 モバイル取引 遠隔操作


copyright © NYANKOSTATION all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
アクセスランキング なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。