カレンダーと世界時計

カテゴリーとお知らせ

※売買判断は自己責任で。情報商材に関するものは削除します。


最新の記事

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

複利計算ツール

開始証拠金
増加率(%)※小数点可
期間
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

QRコード

QRコード

最近のコメント

最近のトラックバック

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ドル円相場は徐々にNY市場の反発も弱くなっている。ダウ平均のプラ転もなく、NSの時間足トレンド判定では122.75で中期下落転換となった。政治主導相場入りしたものと見られオプション取引も円高志向に傾いているようだ。ただ、FIXから2時頃にかけて噴く機会もあるかもしれず。122midから上で売り場を探している。122.80超えるといったん引き下がるのも。ターゲットはFOMCまでの122割れアタックを目途。

ドル円:時間足で中期下落トレンド
[上値レジスタンス]
3rd 123.30:前日のNY trigger
2nd 122.90:本日TK前半下限
1st 122.65:この後のNY上値目途
[現在値 23:55]
FIX 122.50:122.50付近でもう一段高(1st resistance)視野
[下値サポート]
1st 122.20:本日安値、6/12上昇トレンド基点
2nd 121.50:6月上旬平均値
3rd 120.90:日足長期下落転換
スポンサーサイト

タグ : ドル円 トレンド転換 政治主導相場 オプション取引


copyright © NYANKOSTATION all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
アクセスランキング なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。