カレンダーと世界時計

カテゴリーとお知らせ

※売買判断は自己責任で。情報商材に関するものは削除します。


最新の記事

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

複利計算ツール

開始証拠金
増加率(%)※小数点可
期間
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

QRコード

QRコード

最近のコメント

最近のトラックバック

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 算出するまでもなく、先週中盤からボラティリティが上がっている。これは日内足の話であって日足には現れにくい。昨年も、G7後にボラティリティが上がった時期が数ヶ月続いた。さらにさかのぼれば介入が繰り返されていた頃はこの比ではなかった。1円抜いて2円負ける相場に慣れていない状態でこのような相場を迎えるのは厳しいが、過去のヒストリカルデータを見ればそのような時期がいつ来てもおかしくないということだろう。
 ポンド円は上昇トレンドであるが転換の間隔が狭くなってきているので連勝街道にはなっていない。

[ポンド円] 
現在のトレンド:↑
トレンド転換ライン:238.60
スポンサーサイト

タグ : ポンド円 ボラティリティ 日内足


copyright © NYANKOSTATION all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
アクセスランキング なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。