カレンダーと世界時計

カテゴリーとお知らせ

※売買判断は自己責任で。情報商材に関するものは削除します。


最新の記事

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

複利計算ツール

開始証拠金
増加率(%)※小数点可
期間
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

QRコード

QRコード

最近のコメント

最近のトラックバック

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スイングなどポジションを取る回数が少なくなると1回あたりの取引に慎重になりすぎるあまり、自己ポジションに執着してしまいかえって損切りや判断の遅れを招いてしまうことがある。
 分散投資はポジションや資産推移に対しドライになることができる点では有用だと思う。
 為替投資信託とやっているがどれかがうまくいかないとき他で癒されることもある。
 客観視のために、為替だけでもクロス円とストレートを併用したり手法を変えることもいいだろう。。
 何でもそうかもしれないが、あんまり1つのものと心中する気持ちになるとそれはそれでしんどいですよ。
スポンサーサイト

タグ : 分散投資 損切り 為替 投資信託 システム取引 資産推移

スキャルの手法分類と簡単な特徴を示した。
これらの使い分けが両建て外しのヒントになるだろうか。


レンジスキャルレンジの上限、下限で逆張り。想定抜き幅は安定している。

●トレンドスキャル:トレンドの方向のみに押し目戻りを狙う。順張りなのでトレンドに乗れば利を伸ばすチャンスあり。

●指標スキャル:指標の動きに乗る。指標の破壊力に左右される。ストップの設定、利食いのタイミング、約定の精度に難あり。

●鞘取りスキャル:業者間のレートの差異を狙うものからクロスレート間の乖離、スワップ狙いまで手法に幅がある。抜き幅は狭い。


成功率・効率の良いものがどれになると思いますか?

タグ : 順張り 為替 スキャル FX 両建て レンジ 押し目 戻り

 このブログに検索から来られる場合のキーワードには両建てが非常に多い。両建ての是非についてはここでは取り上げない。
 前回の続きの話。両建ての場合、レバレッジ固定取引では、損失を確定後の枚数より両建てで逆玉を建てる枚数のほうがポジションを維持できる。
 両建てを同一通貨で行っても意味はないという考えがある。しかし、例えばポンド円を見てみると、各市場で値動きがまったく違うことに気付かされる。同一通貨であっても同一な市場ではないのだ。
 トレンド相場では両建て逆玉も後から見ると絶好のポジションとなっている。損した側の最初のポジションもレンジ相場のアヤで逃げられる場合もある。この点については過去の記事で詳細に分析している。
 複利運用に両建ての妙味を見出すとすれば、ハイレバレッジを維持できる点にある。
 ただ、この手法には問題も多い。続きはまた次回。

タグ : 為替 スキャルピング 順張り 両建て FX ポンド円 押し目買い 戻り売り

 レバレッジ固定取引の欠点として、負けた場合の次の回の枚数は少なくなってしまう。1回の負けのロスカットが5%、20%、50%でPF(プロフィットファクター:ここでは同じ枚数の勝ち幅/負け幅を表す)のネットの抜き幅と儲け率の関係はどうなるか?

ロスカット5%…PF 1.05でもトントンくらい
ロスカット20%…PF 1.2~1.3でやっとトントン
ロスカット50%…PF>2.0でないと勝てない

誰しも10万から300万の資金になって同じ枚数で貼り続けることは難しい。
運よく、連勝局面でたまたま資金が数倍となった時、そのあとまずまずの成績を残すようなPF1.2~1.5のシステム・手法であってもハイレバスキャルで勝ち残るのが難しい理由がここに凝縮される。
複利運用ではトントンの抜き幅では必ず破産するのである。

上手くいって調子に乗っているときに複利運用の盲点を知らずに走り続けてしまった経験はないだろうか?

解決案はあるのか?次回に続く…

タグ : 為替 スキャルピング 順張り 証拠金取引 FX ポンド円 押し目買い 戻り売り GBPJPY

この2つの大きな違いは

レバレッジ固定取引・・・複利運用

枚数固定取引・・・単利運用

ということになります。
複利運用は爆発的な収益をもたらします。
しかし、複利運用はトントンの取引を繰り返していると必ず最後は破産してしまいます。
複利運用では勝率が良くても利幅が損幅を上回っていても資産が減ってしまう場合があるのです。

前回の記事の④にもつながる話ですね。
複利運用の盲点がそこにあります。
なぜそうなってしまうかわかります? (次回に続く)

タグ : 為替 スキャルピング 順張り 証拠金取引 FX ポンド円 押し目買い 戻り売り GBPJPY

 前回の続きです。
ポンド円ハイレバレッジ取引が難しい原因は、

①ハイレバレッジほどストップ幅を小さくしないといけない。
②ストップ幅が小さい取引のほうが勝率が下がってしまう。
③無理にハイレバ、ストップ幅を大きくするとロスカット幅が大きくなる。
④ロスカット幅が例えば30%の場合、フルレバレッジで取引していた場合原資回復に30%以上の抜き幅が必要となる。50%のロスカットの場合2倍です。
⑤ ③と④の連鎖で精神的な要因も加わりたとえ勝ち目のある手法でも耐えられなくなってしまう。

この記事の意味わかりますか?

タグ : 為替 スキャルピング 順張り 証拠金取引 FX ポンド円 押し目買い 戻り売り GBPJPY

 超短期ポンド円固定ストップの設定幅についてですが、理論上はストップを100pなど広げたほうがレンジ性の強い局面の多い通貨ペアのため都合がいいです。
 しかし、一度で100pも持ってかれる超短期取引というのは、レバレッジを掛けている場合、その後のモチベーションを著しく低下させてしまいます。
 一方、ストップ幅を30pくらいにしてしまうと、10分間の平均の変動幅がこれくらいある時間帯も多く往復ビンタを繰り返してしまうでしょう。
 結果として、固定ストップを入れる場合の設定幅は1回のロスカットでやる気を失ってしまわない範囲で、できるだけ広い幅ということです。
 その幅はロスカットの%に置き換えることが可能ですがその%はレバレッジによって大きく変わってきます。

タグ : 為替 スキャルピング 順張り 証拠金取引 FX ポンド円 押し目買い 戻り売り GBPJPY

 クロス円強いですね。ユーロ円を見るとユーロドルは↑、ドル円は↓のトレンドなんですがドル円の円高が進みにくいようです。150円をサポートに押し目買いをしています。

ランキングのクリックたまにはお願いします。

タグ : ユーロ円 順張り 為替 スキャルピング 証拠金取引 FX EURJPY 押し目買い 戻り売り

 こんばんは。今週はストップ幅を狭く抑えることができるかどうかに焦点を当ててブログ上ではユーロ円を取り上げます。ユーロが150円を付けました。ドル円が再び120円を狙ってきてる位置にあります。天井到達感はまだまだなさそうです。149.80台で買いを入れて利幅・損幅を15-30p程度を想定しています。

タグ : 為替 スキャルピング 順張り 証拠金取引 FX ユーロ円 押し目買い 戻り売り EURJPY

 損切りストップを固定させるか値動きやシステムに応じて柔軟に判断するか、どちらにもそれぞれメリット・デメリットがありますね。

●固定ストップのメリット
 損失を限定できる。

●固定ストップのデメリット
 指標時など値動きが激しいときにスパイクに引っかかってしまう。

ポンド円については固定ストップを入れると天井・底で損切りになってしまいやすいですが、固定ストップを入れずに耐えようとすると心理的に損切りが遅れてしまい大ダメージを受ける覚悟が必要です。

ランキングのクリックたまにはお願いします。

タグ : 為替 スキャルピング 順張り 証拠金取引 FX ポンド円 押し目買い 戻り売り GBPJPY


copyright © NYANKOSTATION all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
アクセスランキング なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。