カレンダーと世界時計

カテゴリーとお知らせ

nekoste

※売買判断は自己責任で。情報商材に関するものは削除します。


最新の記事

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

複利計算ツール

開始証拠金
増加率(%)※小数点可
期間
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

QRコード

QRコード

最近のコメント

最近のトラックバック

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 出張やら休暇で欧州へ行くことになりました。
普段、ポンドやユーロなど欧州の通貨も扱っているのですが実際に行ってみて日本との違いはどうなのか、現地通貨の使用感はどうなのか、円に比べて高いのか安いのか、日々レートを追いかけているだけではなく欧州各地の今を見てきます。途中ロンドンにも立ち寄る予定です。
 初雪の便りが届くころ戻ってきます。それまでコメント欄は表示されません。
 しばらくのお別れです。これまでありがとうございました。
スポンサーサイト

タグ : 順張り スキャルピング 為替 FX 証拠金取引 ポンド円 戻り売り 押し目買い GBPJPY

 今週は曲がり続けてますね。振り回されてもついていかないと。

ポンド円 16:30現在
トレンド:↑
オーダー:220.30-220.50ロング
リミット:220.80-211.00
ストップ&トレンド転換:220.00-220.10

ランキングのクリックたまにはお願いします。

タグ : 順張り 為替 スキャルピング 証拠金取引 FX ポンド円 押し目買い 戻り売り GBPJPY

 ユーロ円の乱高下に振り回され3連続でロスカットし、回復に時間のかかるダメージを受けました。
 初心に返ってぶれないポンド円取引をします。

ポンド円 8:00現在
トレンド:↓
オーダー:220.00-220.10ショート
リミット:219.60-219.70
ストップ&トレンド転換:220.25-220.35

ランキングのクリックたまにはお願いします。

タグ : 順張り 為替 スキャルピング 証拠金取引 FX ポンド円 押し目買い 戻り売り GBPJPY

 ユーロ円の買い意欲が強いのか、149.30を超えたためトレンド判定は↑に変更しました。
 指標後の高下でロングは5pプラスで逃げることができました。今度はドテンロングの形になっています。ユーロ円はストップ幅がスプレッドが狭いのでトレンド転換に伴う損切りのはずが上手く薄利で逃げられることがあって都合がいいですね。
 指標前のラインがターゲットです。

ユーロ円 0:20現在
トレンド:↑
オーダー:148.95-149.05ロング(約定済)
リミット:149.25-149.35
ストップ&トレンド転換:148.75-148.85

ランキングのクリックたまにはお願いします。

タグ : ユーロ円 順張り 為替 スキャルピング 証拠金取引 FX EURJPY 押し目買い 戻り売り

 ユーロ円に今までのところ大きな動意はありません。
 前回のポジションはすでに手仕舞いしました。
 ユーロ円はトレンドが比較的続きやすいので戻り売りを続けていきたいです。

ユーロ円 16:45現在
トレンド:↓
オーダー:149.05-149.10ショート
リミット:148.60-148.80
ストップ&トレンド転換:149.20-149.30

ランキングのクリックたまにはお願いします。

タグ : ユーロ円 順張り 為替 スキャルピング 証拠金取引 FX EURJPY 押し目買い 戻り売り

 欧州の指標を悪材料と受け止められユーロ円の150円は阻まれました。
 ユーロ円ロングは16pで損切り、今しがた戻り売りしました。
 149円を再度割れるくらいまで持っていたいです。

ユーロ円 0:50現在
トレンド:↓
オーダー:149.30-149.35ショート(約定済)
リミット:148.90-149.00
ストップ&トレンド転換:149.45-149.55

ランキングのクリックたまにはお願いします。

タグ : ユーロ円 順張り 為替 スキャルピング 証拠金取引 FX EURJPY 押し目買い 戻り売り

 150円を付けるまで収まりそうもない展開です。
ポンド円は昨日から30p獲得して今週計+31pで終了しました。
ユーロ円はスプレッドが狭いので損幅と利幅のバランスが好転することに期待しています。反面、勝率と取引回数は低下を想定しています。

ユーロ円 16:00現在
トレンド:↑
オーダー:149.25-149.30ロング
リミット:149.50-149.65
ストップ&トレンド転換:149.10-149.15

ランキングのクリックたまにはお願いします。

タグ : ユーロ円 順張り 為替 スキャルピング 証拠金取引 FX EURJPY 押し目買い 戻り売り

 ポンド円の値動きが荒すぎて日中携帯からの取引が不利であること、取引業者の条件上の問題よりユーロ円に通貨ペアを変更します。ユーロ円で行う取引はポンド円と基本的に同じ手法ですが、値動きが緩やかな分スキャルピングというよりデイ・スイングが中心となるかもしれません。

タグ : ユーロ円 順張り 為替 スキャルピング 証拠金取引 FX EURJPY 押し目買い 戻り売り

 最高値を更新したユーロ円。ポンド円も再び最高値を目指すのでしょうか。
 前回のエントリーは直後にストップを付けトレンド転換のため30pの損切りをしました。その後押し目買いで31pを取り今週はこれからといったところです。
 買い方に転じました。押し目とは言わず積極的に買いに付いて行くかも知れません。

ポンド円 17:30現在
トレンド:↑
オーダー:218.20-218.50ロング
リミット:218.70-219.00
ストップ&トレンド転換:217.80-218.00

ランキングのクリックたまにはお願いします。

タグ : ポンド円 順張り 為替 スキャルピング 証拠金取引 FX GBPJPY 押し目買い 戻り売り

 週明けのポンド円は盆明けの仲値後上昇していますがTKでトレンドを変えるほどの勢いはないようです。
 218overは絶好の売り場としてちょうど売りから参戦しました。
 218.20を大きく超えない限り戻り売りです。

ポンド円 10:40現在
トレンド:↓
オーダー:218.00-218.10ショート(約定済)
リミット:217.70-217.80
ストップ&トレンド転換:218.20-218.30

ランキングのクリックたまにはお願いします。

タグ : ポンド円 順張り 為替 スキャルピング 証拠金取引 FX GBPJPY 押し目買い 戻り売り

 週末に取引手法などについて検討した結果、ポンド円でこれまでやってきたことを再開することにしました。
 大きな損切りの対応については、ドル円・ユーロドル・ユーロ円・ポンドドル・ポンドスイスなどを試してみましたがいずれも回避することはこの手法では無理のようです。
 理想的な損益曲線はあくまでも理想ということで、現実にはトータルで堅調であるならそれでいいと割り切ってGBPJPYの見通しとオーダーを再開します。
 こんな短期間で前言を翻す一貫性のないNSですが、こういう狼狽っぷりも含め超短期取引の実践記録として見守ってやって下さいませ。取引スタイルをコロコロ変える悪循環
の記事で一度決意したのにまた同じことを繰り返してるではないか…

ランキングのクリックたまにはお願いします。

タグ : ポンド円 順張り 為替 スキャルピング 証拠金取引 FX GBPJPY 押し目買い 戻り売り

 FX業界についての海外掲示板ではこの話題で一時持ち切りとなっていました。
Reuters and CME Announce Participants in FXMarketSpace Early Adopter Program
 これまで相対取引による不透明な約定、資産保全の不安定さなどからFXのリテイル市場は日本を含む一部の東アジアを除き低迷していたようです。
 FXMarketSpaceはロイターCMEが50%ずつ出資し、
Participating banks and prime brokers include: AIG Financial Products Corp., ABN AMRO, Barclays Capital Prime Services, Citigroup, Credit Suisse, Fimat, HSBC, JPMorgan, Merrill Lynch, Prudential Financial/Bache Financial, RBSなどの格付けの高い金融機関がレートを提示し、CMEのGLOBEXの完全電子商取引(ECN)を採用し透明な、dealer interventionのないanonymousな競争力のある市場を育てようというものです。競争力のあるpriceとは、他の大手プライムブローカーがユーロドルとドル円のスプレッドが通常1pipsなのでそれに対抗し得るということだと思います。すでに、準備ページもできており、今年の11月からプレテスト、2007年の第一四半期に市場がオープンする予定となっています。
 CMEではこれまで通貨先物市場がありましたがレートが先物のレートであることや大手のプライムブローカーに比べ取引量が少ないためスプレッドが広い場合があること、クロスペアがほとんど取引されていないことなどから個人投資家には敬遠されがちでした。FXMarketSpaceではCurrency Pairに載っていますようにユーロ円、ポンド円も取引可能になることが決まっています。今年の春ころにはポンド円は載っていなかったので今後さらに増やしていく予定なのでしょう。
 このサービスは、われわれにとっても魅力的だと思いますが、Futures Magazine誌によると海外の有名ブローカーのひとつで日本でも認知度の高いInteractive Brokersも参入の意向を示しているようです。今後数年以内に世界のFX業界に大きな影響を与えることになるかもしれません。
 この記事を取り上げるにあたって不思議に思ったのは、報道でもブログでも日本ではこの話題がほとんど触れられていないということです。このブログでは今後もこのFXMarketSpaceについて新しい情報が入り次第取り上げていきたいと考えています。
ランキングのクリックたまにはお願いします。

タグ : CME ロイター FX FXmarketspace

 スキャルピングのようにレバレッジを大きく掛ける取引で、最も重要なのはやはり損切りですね。1回の損切りのダメージが大きいと両建てナンピンで平均レートを有利にすることによって乗り切ろうとしたりします。それで手法として上手くやっている人もいます。私はしません。損切りの能力を磨くためです。上手い損切りの仕方は利食いと同じように損切りを何度も重ねて身に付くものです。
 損切りした後、もう少し待っていれば利益となって逃げることができたという場合があります。レンジ性の高い通貨ではそのほうが多い場合もあります。しかし明確な損切りのルールを決めておかないと、自分の都合の良いほうに良いほうに相場に期待したり願をかけることになってしまいます。動いてほしい方向に顔が動いたりとか。運任せの結果は早晩見えてくるでしょう。
 7月からの成績が今のところ好調なのは損切り力の勝利であると考えています。

ランキングのクリックたまにはお願いします。

タグ : ポンド円 順張り 為替 レバレッジ スキャルピング FX GBPJPY 両建て ナンピン 損切り

 今週の取引を振り返ります。いい時だけ振り返っても次につながらないのでこのコーナーは頑なにでも続けます。




■ 8/14-8/19
取引回数:11回 勝ち取引:6回 負け取引:5回
勝率:54.5%
勝ち抜き幅合計:105pips 負け抜き幅合計:147pips 
Netの抜き幅合計:-42pips
1回の取引当たり平均勝ち幅:17.5pips 1回の取引当たり平均負け幅:29.4pips
プロフィットファクター(PF):0.71
[コメント]
・前週のコメントで『今後乱高下でトレンド判定をミスし続けるような地合いにもこのような損切り対応で乗り切れるかどうか?その試練をまだ乗り越えたとはいえない。』と書いた。そして今週その週が巡って来て、乗り越える有効な策を見出せず一律にルールに従うこととポンド円からはいったん撤退を決断した。
・スキャルシステムでは、損幅と利幅のバランスおよび勝率の維持がいずれも必要条件となる。今週は両方とも基準を維持できなかった。
・皮肉なことに、撤退を決断後にルールに従っていたら損失を取り戻せた可能性が高いことがわかった。目前の損益に精神的に耐えられなくなり続けることができなかったことを悔やむべきか、さらに有効な手法への改善を図るべく研鑽を積むか、通貨ペアの選択を含め手探りの状態はまだまだ続く。

ランキングのクリックたまにはお願いします。
 これまで行ってきた手法を見直す意味でも、取引手法としてまとめてみます。
 ポンド円で行ってきたことは、スイングレベルでのトレンド順張り的な発想で判断し、スイングよりさらに短い時間軸で、超短期の逆張りの方向にポジションを取り、そしてもとの順張りの流れに回帰したところで利益を確定するものでした。
 この手法の利点や欠点についてはこれまでの履歴にもちりばめられていますが、さらに整理して、対象通貨の選択基準についてもNSで取り上げていきたいと思います。
 いったん手法の調整に入るだけで、すべてやめてしまうわけではないですよ。

ランキングのクリックたまにはお願いします。

タグ : スキャル トレンド 順張り 逆張り ポンド円 スイング

 ここまで約1ヶ月にわたってGBPJPYの見通しとオーダーを書いてきましたが、諸般の事情により終了します。ポンド円におけるトレンド相場が終わったとの雰囲気を感じました。レンジ相場での有効な戦略が見出せるまでGBPJPYはいったんあきらめました。
 今後他の通貨ペアが軌道に乗ってきたら見通しとオーダーを書くかもしれません。

タグ : ポンド円 為替 証拠金取引 スキャルピング 順張り FX GBPJPY 押し目買い 戻り売り

 ポンド円はロンドンに入り219円を下回り下落速度を速めてきました。
 TK時間は緩やかな下落でロングの幕引きどころを探していましたが結局88pで損切りで終わりました。今週は厳しい展開ですね。

ポンド円 16:10現在
トレンド:↓
オーダー:219.45-219.55ショート
リミット:218.90-219.10
ストップ&トレンド転換:219.70-219.80

ランキングのクリックたまにはお願いします。

タグ : ポンド円 為替 証拠金取引 スキャルピング 順張り FX GBPJPY 押し目買い 戻り売り

 クロス円が軒並み高値を更新するなかポンド円も節目を越えてしまいました。
 粘ってましたが42pの損切り。今週は振り出しに戻りました。
 押し目買いに転じます。

ポンド円 23:50現在
トレンド:↑
オーダー:219.75-219.85ロング
リミット:220.20-220.30
ストップ&トレンド転換:219.45-219.55

ランキングのクリックたまにはお願いします。

タグ : ポンド円 為替 証拠金取引 スキャルピング 順張り FX GBPJPY 押し目買い 戻り売り

 220円がレジスタンスになってきました。
 昨夜は米指標で振り回されて5pで逃げたり9pでコスト切りしたりしましたがトレンドは下落に落ち着きその後戻り売りで16pを取りました。
 220円をバックに売りの方針です。

ポンド円 16:40現在
トレンド:↓
オーダー:219.80-219.90ショート
リミット:219.40-219.60
ストップ&トレンド転換:220.05-220.15

ランキングのクリックたまにはお願いします。

タグ : ポンド円 為替 証拠金取引 スキャルピング 順張り FX GBPJPY 押し目買い 戻り売り

 ロンドン時間に入りトレンド判定を下落に変更しました。
 ここまで朝9時過ぎの押し目で拾った分を30pでリカクできました。これについてはポジションの保有期間も短く時間効率の高い取引でした。その後220円割れがロンドン早朝に来て再ロングしましたが想定していたトレンド転換ラインを下回り13pで損切りしました。
 この後は戻り売りから入ることにします。

ポンド円 16:40現在
トレンド:↓
オーダー:220.15-220.30ショート
リミット:219.60-219.80
ストップ&トレンド転換:220.45-220.55

ランキングのクリックたまにはお願いします。

タグ : ポンド円 為替 証拠金取引 スキャルピング 順張り FX GBPJPY 押し目買い 戻り売り

 220円を挟んだ狭いレンジが続いています。
 これまで前回エントリーのオーダー通りで1回17pの獲得に留まっています。
 同じ方針を繰り返すつもりです。

ポンド円 0:30現在
トレンド:↑
オーダー:219.85-219.95ロング
リミット:220.20-220.50
ストップ&トレンド転換:219.65-219.75

ランキングのクリックたまにはお願いします。

タグ : ポンド円 為替 証拠金取引 スキャルピング 順張り FX GBPJPY 押し目買い 戻り売り

 220円台を定着させることができるか。
 今週はここから開始です。
 ロンドンでのレンジブレイクを見越して219highで拾っておきたいです。

ポンド円 11:10現在
トレンド:↑
オーダー:219.75-219.95ロング
リミット:220.20-220.50
ストップ&トレンド転換:219.50-219.60

ランキングのクリックたまにはお願いします。

タグ : 順張り スキャルピング 証拠金取引 為替 ポンド円 GBPJPY FX 戻り売り 押し目買い

 自らの判断で損失を確定させることは自己責任として諦めがつくのですが、取引システムの障害やネット環境のため取引を中断せざるを得なくなると、そのために多大な損失を出した場合やり場のない怒りがこみ上げてきますね。
 また、24時間起きられるわけでもないし、いろいろな行事もあるわけなので、せっかくの利益が取れるセッションを無にしてしまうのもシステムを守れないリスクとして存在します。特に、短期のシステムの場合は成功取引は保有期間が短く、ミス取引は長く持たされることが多いです。長く持つということは取引機会も多くあるので、成功取引はチャンスを逃しやすくミス取引はほとんどルールどおりに約定してしまう・・・こんな経験が手動で実際やってみた印象です。
 テクニカル・エラーも想定してシステムを作っておかないと現実には難しいもんです。

ランキングのクリックたまにはお願いします。

タグ : システム取引 順張り スキャルピング 証拠金取引 為替 ポンド円 GBPJPY FX

今週の取引を振り返ります。これまでの週と比べてどうだったでしょうか。カテゴリーを週間取引報告として分割しました。




ポンド円 (8/7-8/12)
取引回数:16回 勝ち取引:14回 負け取引:2回
勝率:87.5%
勝ち抜き幅合計:237pips 負け抜き幅合計:38pips 
Netの抜き幅合計:199pips
1回の取引当たり平均勝ち幅:17.0pips 1回の取引当たり平均負け幅:19.0pips
プロフィットファクター(PF):6.24
[コメント]
・今週は前半の上昇トレンド、後半の下落トレンドの継続時にまとまった勝利を多めの抜き幅で重ねることによって堅調な成績を残した。
・動きとしては急激な上昇・下落トレンド時には取引をしなかった。ストップ幅が大きすぎたためである。このため取引回数こそ少なくなったものの先週の課題であった1回あたりの平均抜き幅の改善によって補えた。
・今週のような動きの時には早めの判断で損切りが求められ、それを断行できたため平均勝ち幅と負け幅が近づいてきた。
・今後乱高下でトレンド判定をミスし続けるような地合いにもこのような損切り対応で乗り切れるかどうか?その試練をまだ乗り越えたとはいえない。

ランキングのクリックたまにはお願いします。

タグ : ポンド円 為替 証拠金取引 スキャルピング 順張り FX GBPJPY 押し目買い 戻り売り FOMC

 一時的に220円を回復しました。
 トレンド判定と見通しはきわめて正確だったのですが、押し目らしい押し目もなく、取引機会に恵まれませんでした。
 NYPMにかけてレンジ感が漂っていそうでそろそろ動きたいです。

ポンド円 23:00現在
トレンド:↑
オーダー:219.45-219.60ロング
リミット:219.70-219.85
ストップ&トレンド転換:219.10-219.20

ランキングのクリックたまにはお願いします。

タグ : 順張り スキャルピング 証拠金取引 為替 ポンド円 GBPJPY FX 戻り売り 押し目買い

 東京市場でポンド円は戻りを試す展開に。オーバーシュートかどうかわかりませんがトレンド判定はロングに戻します。
 あっさりと25pのロスを計上してしまいました。
 全戻しで220円復活は今夜あるでしょうか。

ポンド円 12:20現在
トレンド:↑
オーダー:218.25-218.40ロング
リミット:218.70-218.80
ストップ&トレンド転換:217.95-218.05

ランキングのクリックたまにはお願いします。

タグ : 順張り スキャルピング 証拠金取引 為替 ポンド円 GBPJPY FX 戻り売り 押し目買い

 NY市場もポンド円の軟調は継続しました。
 これまで、戻り売りを20p、25pと行っています。トレンドが出ると変動幅も大きくなって時間対効果が上がりますね。
 週末もこのままのトレンドに沿って戻り売りを続けます。

ポンド円 7:30現在
トレンド:↓
オーダー:218.40-218.50ショート
リミット:218.10-218.20
ストップ&トレンド転換:218.60-218.70

ランキングのクリックたまにはお願いします。

タグ : ポンド円 為替 FX 証拠金取引 スキャルピング 順張り 戻り売り GBPJPY お盆円高説

 テロ騒動をきっかけにポンドの調整が起こりました。ちょうどきっかけを探していた地合でもありました。
 東京市場終了直後の219.50付近で戻り売りを行い30pで手仕舞い直後に1円近く下落しました。口惜しいのもありますが、大きく抜くことを想定していない手法のため、カウンターを恐れ手仕舞いしました。その後218.90まで戻ったときも売りを検討しましたがテロ相場は全戻しのリスクもあり、ストップラインから遠すぎたためスルーしました。
 この後も、戻り売りは続けますが、イレギュラーな下げ方をした相場に追随するのは慎重に行きたいですね。

ポンド円 21:20現在
トレンド:↓
オーダー:218.70-218.90ショート
リミット:218.30-218.40
ストップ&トレンド転換:219.10-219.20

ランキングのクリックたまにはお願いします。

タグ : ポンド円 為替 FX 証拠金取引 スキャルピング 順張り 戻り売り GBPJPY お盆円高説

 ポンド円の動意は小休止といったところでしょうか。
 前回エントリーのサインでショートしましたが転換ライン上限すれすれまで上昇し、戻りも鈍いので10p前後で2回ほど回転させたのみです。どっちでもいいのでトレンドがでないと収益は伸びませんね。
 お盆円高説を支持したいところですが、どちらにも振れにくくロンドン・NYに委ねることになりそうです。

ポンド円 13:10現在
トレンド:↓
オーダー:219.70-219.85ショート
リミット:219.30-219.40
ストップ&トレンド転換:219.90-220.00

ランキングのクリックたまにはお願いします。

タグ : ポンド円 為替 FX 証拠金取引 スキャルピング 順張り 戻り売り GBPJPY お盆円高説

 朝と夕にそれぞれポンド円は220円をつけ、目先の上値追いは一服といったところでしょうか。イベントも終わり、日本市場はまもなくお盆休みですね。お盆円高説と重なるわけではないですが、トレンド判定も下落となりました。
 ここまで3p抜きと25p抜きをロングで行いましたがトレンド転換ラインのぎりぎりまで下がっていました。3pのほうは何とか逃げた感じです。その後の219.50Lは転換ラインを下回ったため12pのロスで損切りしました。
 本格的な調整にはもう一戻り、二戻りあるかもしれませんが戻り売りの方針に変更します。

ポンド円 21:30現在
トレンド:↓
オーダー:219.55-219.75ショート
リミット:219.10-219.20
ストップ&トレンド転換:219.85-219.95

ランキングのクリックたまにはお願いします。

タグ : ポンド円 為替 FX 証拠金取引 スキャルピング 順張り 戻り売り GBPJPY FOMC


copyright © NYANKOSTATION all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
アクセスランキング なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。