カレンダーと世界時計

カテゴリーとお知らせ

nekoste

※売買判断は自己責任で。情報商材に関するものは削除します。


最新の記事

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

複利計算ツール

開始証拠金
増加率(%)※小数点可
期間
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

QRコード

QRコード

最近のコメント

最近のトラックバック

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この2つの大きな違いは

レバレッジ固定取引・・・複利運用

枚数固定取引・・・単利運用

ということになります。
複利運用は爆発的な収益をもたらします。
しかし、複利運用はトントンの取引を繰り返していると必ず最後は破産してしまいます。
複利運用では勝率が良くても利幅が損幅を上回っていても資産が減ってしまう場合があるのです。

前回の記事の④にもつながる話ですね。
複利運用の盲点がそこにあります。
なぜそうなってしまうかわかります? (次回に続く)
スポンサーサイト

タグ : 為替 スキャルピング 順張り 証拠金取引 FX ポンド円 押し目買い 戻り売り GBPJPY

 前回の続きです。
ポンド円ハイレバレッジ取引が難しい原因は、

①ハイレバレッジほどストップ幅を小さくしないといけない。
②ストップ幅が小さい取引のほうが勝率が下がってしまう。
③無理にハイレバ、ストップ幅を大きくするとロスカット幅が大きくなる。
④ロスカット幅が例えば30%の場合、フルレバレッジで取引していた場合原資回復に30%以上の抜き幅が必要となる。50%のロスカットの場合2倍です。
⑤ ③と④の連鎖で精神的な要因も加わりたとえ勝ち目のある手法でも耐えられなくなってしまう。

この記事の意味わかりますか?

タグ : 為替 スキャルピング 順張り 証拠金取引 FX ポンド円 押し目買い 戻り売り GBPJPY

 超短期ポンド円固定ストップの設定幅についてですが、理論上はストップを100pなど広げたほうがレンジ性の強い局面の多い通貨ペアのため都合がいいです。
 しかし、一度で100pも持ってかれる超短期取引というのは、レバレッジを掛けている場合、その後のモチベーションを著しく低下させてしまいます。
 一方、ストップ幅を30pくらいにしてしまうと、10分間の平均の変動幅がこれくらいある時間帯も多く往復ビンタを繰り返してしまうでしょう。
 結果として、固定ストップを入れる場合の設定幅は1回のロスカットでやる気を失ってしまわない範囲で、できるだけ広い幅ということです。
 その幅はロスカットの%に置き換えることが可能ですがその%はレバレッジによって大きく変わってきます。

タグ : 為替 スキャルピング 順張り 証拠金取引 FX ポンド円 押し目買い 戻り売り GBPJPY

 クロス円強いですね。ユーロ円を見るとユーロドルは↑、ドル円は↓のトレンドなんですがドル円の円高が進みにくいようです。150円をサポートに押し目買いをしています。

ランキングのクリックたまにはお願いします。

タグ : ユーロ円 順張り 為替 スキャルピング 証拠金取引 FX EURJPY 押し目買い 戻り売り

 こんばんは。今週はストップ幅を狭く抑えることができるかどうかに焦点を当ててブログ上ではユーロ円を取り上げます。ユーロが150円を付けました。ドル円が再び120円を狙ってきてる位置にあります。天井到達感はまだまだなさそうです。149.80台で買いを入れて利幅・損幅を15-30p程度を想定しています。

タグ : 為替 スキャルピング 順張り 証拠金取引 FX ユーロ円 押し目買い 戻り売り EURJPY

 損切りストップを固定させるか値動きやシステムに応じて柔軟に判断するか、どちらにもそれぞれメリット・デメリットがありますね。

●固定ストップのメリット
 損失を限定できる。

●固定ストップのデメリット
 指標時など値動きが激しいときにスパイクに引っかかってしまう。

ポンド円については固定ストップを入れると天井・底で損切りになってしまいやすいですが、固定ストップを入れずに耐えようとすると心理的に損切りが遅れてしまい大ダメージを受ける覚悟が必要です。

ランキングのクリックたまにはお願いします。

タグ : 為替 スキャルピング 順張り 証拠金取引 FX ポンド円 押し目買い 戻り売り GBPJPY

 おはようございます。ドル円が119円割れアタックを阻止されなんとか保っていますが、LDN早朝にも再アタックはある予感がします。もう一段のレンジ下抜けはお預けでした。

ポンド円
トレンド:↓
オーダー:221.90-222.00ショート
リミット:221.60-221.70
ストップ&トレンド転換:222.15-222.25(↑)

タグ : 為替 スキャルピング 順張り 証拠金取引 FX ポンド円 押し目買い 戻り売り GBPJPY

 骨折り損のくたびれ儲けが続いています。何回かに分けて抜いたら転換して損切り。どうせ戻るからと損切りしない場合はいつか退場です。時間を区切るかルールを守って撤退したいところです。

ポンド円
トレンド:↓
オーダー:221.80-221.90ショート
リミット:221.50-221.60
ストップ&トレンド転換:222.10-222.20(↑)

タグ : 順張り 為替 スキャルピング 証拠金取引 FX ポンド円 押し目買い 戻り売り GBPJPY

 こんにちは。ポンドドルは強いですね。
 今日はいままで何回かロングを回転させることができました。英国指標はありますけど、今夜こそポンド円上抜け確定してくるでしょうか。

ポンド円
トレンド:↑
オーダー:221.90-222.00ロング(約定済)
リミット:222.20-222.30
ストップ&トレンド転換:221.70-221.80(↓)

ランキングのクリックたまにはお願いします。

タグ : 順張り 為替 スキャルピング 証拠金取引 FX ポンド円 押し目買い 戻り売り GBPJPY

 おはようございます。昨日と同じようなチャートですね。昨日と同じように損切りして、さらにまた昨日と同じようにこの時間帯ロングしています。
 17:30の英国指標は今日もあるのか。
 レンジが続くと記事の更新もコピペが多くて楽ですね。書くことはあまりないですけど・・・

ポンド円
トレンド:↑
オーダー:222.00-222.10ロング(約定済)
リミット:222.20-222.30
ストップ&トレンド転換:221.75-221.85(↓)

ランキングのクリックたまにはお願いします。

タグ : 順張り 為替 スキャルピング 証拠金取引 FX ポンド円 押し目買い 戻り売り GBPJPY

 お昼休み、昨夜からのポンド円乱高下も一服してきました。
 買い転換して朝方再び売り転換してしまい、往復損切りで昨日の利益をなくし、その後戻り売りで20pくらい取れたでしょうか。
 17:30の英国指標が気になるところです。ポンドドルが強い地合ではポン円なかなか下がりにくいですね。

ポンド円
トレンド:↓
オーダー:222.10-222.20ショート
リミット:221.75-221.85
ストップ&トレンド転換:222.25-222.35(↑)

ランキングのクリックたまにはお願いします。

タグ : 順張り 為替 スキャルピング 証拠金取引 FX ポンド円 押し目買い 戻り売り GBPJPY

 夕べのひと時をいかがお過ごしでしょうか。英国17:30の指標はほんとにヒヤッとしますね。アフタヌーンティーでまったりとはいかないようです。
 ポンド円はポンドドルの指標上げの際にドル円とのバランスが崩れいい戻り売りの機会を与えてくれました。
 前回のオーダーのあたりで止まってくれて非常に時間効率の良い43p抜きを達成しています。その他TKの仲値前頃でしょうか同じラインでショートをしてこちらは携帯から10pあまりで閉じました。
 トレンドスキャルはトレンドが変わらない限り続けるわけですね。ただ1hでもレンジながらも下方のチャネルっぽいですしオーダーのラインは引き下げておきます。

ポンド円
トレンド:↓
オーダー:221.60-221.70ショート
リミット:221.25-221.35
ストップ&トレンド転換:221.90-222.00(↑)

ランキングのクリックたまにはお願いします。

タグ : 順張り 為替 スキャルピング 証拠金取引 FX ポンド円 押し目買い 戻り売り GBPJPY

 おはようございます。朝はひんやりしてますがこのあたりの日中はまだ25℃を越えてくるんですね。
 ポンド円はレンジが一段下に移行しました。ドル円の119円が硬いですが、東京時間は大きく割るのは難しいでしょうか。。
 前回のオーダーで平均20pを2回転できました。レンジを下げてショートを指して出かけます。

ポンド円
トレンド:↓
オーダー:221.70-221.80ショート
リミット:221.45-221.55
ストップ&トレンド転換:222.00-10(↑)

ランキングのクリックたまにはお願いします。

タグ : 順張り 為替 スキャルピング 証拠金取引 FX ポンド円 押し目買い 戻り売り GBPJPY

 ポンド円は下を狙っては戻る展開ですが、もう一段のレンジの下触れになるか注目です。ドル円の120円が遠のいた気がするのでロングはもうすこし遠慮しときます。
 222.25で指した分はあと10pまで来て落ちて行き成行する暇もありませんでした。二匹目のドジョウを狙ってショートしたけどいかがなものか。

ポンド円
トレンド:↓
オーダー:222.00-222.10ショート(約定済)
リミット:221.70-222.80
ストップ&トレンド転換:222.40-50(↑)

ランキングのクリックたまにはお願いします。

タグ : 順張り 為替 スキャルピング 証拠金取引 FX ポンド円 押し目買い 戻り売り GBPJPY

 おはようございます。旅行中はしっかり朝食を摂って行動していまして、すっかり朝食を摂る習慣がついてきました。イングリッシュトラディショナルブレックファーストはボリュームが多いんですね。ちなみにbreakfastとは前の晩からのfasting(絶食)をbreak(破る)から来てるらしいです。みのもんたの朝ズバッで知りました。
 今日は大きな指標もなく、先週末からのレンジが続く限り上限でショートポジションから入ろうと思います。

ポンド円
トレンド:↓
オーダー:222.25-222.35ショート
リミット:221.90-222.05
ストップ&トレンド転換:222.50-60(↑)

ランキングのクリックたまにはお願いします。

タグ : 順張り 為替 スキャルピング 証拠金取引 FX ポンド円 押し目買い 戻り売り GBPJPY

 今7月度はポンド円の超短期のレンジ取引で個人的には上手くいったと考えていました。しかし取引から離れて客観的に履歴を評価して、気づいた点がいくつかあったのでまとめてみたいと思います。離れてみると気づくことが多いんですね。

ポンド円:レンジ取引の鬼門工程表
(1)東京時間:日本時間8:50の指標
 →欧州英国は寝ている時間なのでポンドドルの動きが鈍い、その時ドル円が動く日本の指標が出ると東京株式市場前ということもあってかクロスペアを構成する通貨間のバランスが崩れてしまう。当然仕事に行ってるわけでこの時間逃げ遅れるようだ。
(2)ロンドン時間:日本時間17:30の指標
 →これもポンドドルがスパークするとドル円より動的になってバランスが崩れてしまう。
(3)NY時間
 →21:30や23:00の大指標はストレートペアと違って乱高下してもレンジに落ち着くことも多く取引しやすい。NY後半になるとレンジ幅がぐっと狭くなるのでこの時間から朝までは寝たほうがいい。どうしてもやるのなら2時またぎ(冬時間なら3時またぎ)ですね。
(4)オセアニア時間
 →この時間はレートの動きが鈍い上にスプが広がったりスワップ狙い封じの変なレートになったりしてこの時間のレンジを狙うのは厳しい。
(5)これまでの結論
 →遠隔操作やモバイル取引だからといって効率の悪い時間帯の取引までするより、細かく内規を作って効率のよい時間帯に狙いを定めるほうがいいかもしれない。なるべく鬼門の時間帯が近づいてきたらポジションをフラットにしておきたい。

ランキングのクリックたまにはお願いします。

タグ : 順張り 為替 スキャルピング 証拠金取引 FX ポンド円 押し目買い 戻り売り GBPJPY

 日本を出国する前のポンド円が221-22円、そして帰国した現在も同じようなレートですね。
 その間、ずっと同じレート位置にいたわけではなく、一時的に上に行ったり下に行ったりして戻ってきたようです。
 いつか戻ってくるレンジっぽい相場でも、それがいつ戻ってくるかはわかりません。ポンド円が永続的に220円以上であるとは思っていませんが、いったん上に行くとショートは損切りしてポジションを取り直し、新しい地合でのレンジトレンドに合ったポジションを取るほうがいいです。
 いったん撤退することが取引機会を増やすためにも好機であると、1ヶ月以上取引から離れていてあらためて思いました。週明けからはより損切りの動作を軽くして行こうと思います。

ランキングのクリックたまにはお願いします。

タグ : 損切り ポンド円 レート レンジ トレンド ポジション 相場

 イギリスから無事帰国しました。
ポンドを実際使ってみて、やっぱり物価は高かったです。
長いこと海外にいると日本語が恋しくなりました。
新聞とか、活字がとても新鮮に思えてくるものです。
そろそろ取引のほうも元のペースに戻すべく慣らし運転といきたいところですね。

ランキングのクリックたまにはお願いします。

タグ : イギリス ポンド


copyright © NYANKOSTATION all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
アクセスランキング なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。