カレンダーと世界時計

カテゴリーとお知らせ

nekoste

※売買判断は自己責任で。情報商材に関するものは削除します。


最新の記事

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

複利計算ツール

開始証拠金
増加率(%)※小数点可
期間
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

QRコード

QRコード

最近のコメント

最近のトラックバック

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ユーロドルユーロ円とも最高値を更新した。
 今年のGWは分散しているために海外旅行より国内旅行に人気が高まっているようだが、背景には世界的に見ても円安、燃料チャージによる航空運賃の割高もありそうだ。初乗りが千円近いロンドンの地下鉄ってのはちょっとねぇ・・・去年行きましたけど。ポンドは今238円くらいだけどヒースロー空港の両替所ではスプレッドが20円開いていたり普通にあるので250円とかになってそうですね。海外ではクレジットカードがスプも小さく使いやすいので長期滞在なら枠の大きいカード作っていったほうが便利ですよ。
 今週以降はドル安傾向が指標の反応を見ても顕著になっているのでまだまだ高値追い、クロス円はドル円以外のドルストレートが牽引する展開、つまりロンドン早朝かNY指標のブレイクアウト追随で行く予定です。その時間帯しか取引しません。指標狙いならユーロドルポンドドルで良さそう。
スポンサーサイト

タグ : ユーロドル ユーロ円 ポンド ブレイクアウト

 全体的に連休モードに入っているのか、重要指標があってもほとんど動意のない展開。スイングではほとんどすることがないので時間軸を短くして細かく取っているができることは限られている。
 時間軸を短くするほどコストが最大の敵になってくる。ボタン押しのテクニックが成績の最大変動要因になっている。
 先週の英国指標は強気のものが多く、今週のポンド円英国指標が良ければ他の欧州クロス円を差し置いて高値を伺いそうだ。ポンドドルが節目の2.0を越えても反落せず高値安定なのが奇妙だ。日本ではGWを控え、東京では大きな取引は控えられるものの相変わらずオイルマネーやロシア系が暗躍していて小動きというより乱高下のきっかけになるかもしれない。235-240円のレンジで6月末頃までは推移する、損切り貧乏なレンジ相場に移行しているとの見方もある。

タグ : 英国指標 ポンド円 オイルマネー レンジ相場

 ここ1ヶ月は健康に留意した生活を送っている。食生活に気を付けて有酸素・無酸素運動を1日おきに続けた結果、18才のときとウエストが同じくらいになってきてベルトの穴が2つくらい狭くなった。食後に腹が出すぎて学生の頃に切ったベルトが短すぎて穴がなくなりかけていたんだけど。BMIも21以下になった。腹筋も上腹部の正中と下腹部の脇にうっすら線が出てきた。
 メタボリックシンドロームの話題が多くなっているが、為替で長生きする前に寿命を縮めるような生活を送っていては投資全体から見ると大きな損失である。時間が経つのは早い。FXをはじめてもう4年目、ストレスは生活習慣病の大きな環境因子である。ストレス多くしてFXでは長生きしても人生が短くなってしまわないよう留意したい。
 夕べ、銃撃事件の特別報道に混じってG7後の為替相場についての解説がNHKで取り上げられた。キャリートレードや日本人の外貨投資の急増などがクロス円の高騰要因として挙げられていたが、もう一つテロップをめくる形で外国為替証拠金取引がブームとなっていることも取り上げられていた。
 日経など大手のメディアに取り上げられると靴磨きの少年の法則が発動してしまい兼ねない。ポンド円が2.0を突破するなどドル安の中でドル円のみが120円を超えるなどすれば協調介入や為替政策の変更などが起きてしまいそうで、この一連の動きで儲かっているといわれる筋もあからさまに円安にならないよう敢えて120円前で売って目立たないようにしているのかもしれない。
 ドル円が円高のためドル円の影響の大きいクロス円を中心に小休止といったところだ。

[ポンド円] 
現在のトレンド:↑~→
トレンド転換ライン:238.00

タグ : キャリートレード ポンド円

 G7後の週明けのポンド円はオセアニア前に窓を作り238円手前まで高騰したものの東京午前に窓をあっさり埋めた。
 このあと下落トレンドに入るかの微妙なところでドル円が119円割れを阻止され、再び反騰している。
 きょうの17:30の鬼門は上に反応している。
 ポンド円が240円台への鍵はポンドドル2.0、ドル円120円の節目突破となる。この両方を必要十分に満たすとユーロ円のように高騰するのだが、いずれも何度かトライして失敗している。この壁を破れば噴く、停滞が長いならトレンド転換というヤマ場を迎えている。
 米国指標でも乱高下しそうだし押し目買いを待つ。明日のロンドンまでは転換しないだろうか。

[ポンド円] 
現在のトレンド:↑
トレンド転換ライン:236.60

タグ : G7 ポンド円 トレンド転換

 今週のポンド円はドル円の影響の大きいオージー円などのクロス円が行き過ぎている、G7の噂で買って事実で売る、17:30の鬼門の多さなどの複数要因から最高値を更新せぬまま週初に月か火曜あたりのロンドン市場から売り込まれるかもしれない。
 240円を再び超えることができるかどうか、今週235円を再び割ってくればダブルトップで厳しくなりそうだ。4月以降のこのボラで5円の上げには圧力が足りない。

タグ : ポンド円 オージー円 クロス円 G7 ダブルトップ

 システム取引のサインを音とメールで伝えるために場中はmetatrader4(MT4)を常駐させているのだが、週末にはヒストリカルデータを用いてシステムの研究・メンテを行っている。
 ヒストリカルデータが増えてくるとMT4が非常に重くなっていき、ついには起動しようとするとCPUが100%のままで起動しなくなってしまった。
 このような事象が起こったときにいったん全部削除して再インストールしていたのだが、原因はヒストリカルデータの取り込みにあったことがわかった。
 \Program Files\の中のMetaTrader 4のhistoryのファイルの中のGBPJPY5.hstなど、hstファイルが5000KBを超えてくると読み込んだまま終了すると起動しにくくなり、外して終了しても起動後にHistory Centerを開こうとするとフリーズするようだ。Pentium 4 3.6 GHzでメモリを1GB入れている場合だ。さらにスペックを上げるのにしても限りがある。
 この場合、ヒストリカルデータの中身を削除してしまうのも一法だが、ヒストリカルデータのファイルをMT4内から別の場所に移動させておき、直近のデータだけにして大きなヒストリカルデータは検証のたびに読み込んだほうがスムーズに行くようだ。MT4は複数インストールできるのでリアルタイム用と検証用に分けておくのも都合が良い。
 というわけで個人的にはリアルタイム用は直近データのみ、検証用はフルレバ50倍でFXシステムトレード。さんのAutoForexiteとCandleStickEditorを使用させてもらい、作ったままの場所に置いて毎回読み込んで、次回起動前にMT4内のhistoryに残ったhstファイルを削除して利用している。1分足はAlpariのサイトからダウンロードして別ファイル保管している。他にもいろいろ分別ファイル管理している。
 たくさんのデータで普遍性の検証を行うことで複眼的な見方ができるのは便利ですね。

タグ : システム取引 metatrader4 MT4 ヒストリカルデータ 普遍性

 2月、3月のクロス円市場は例年にも増して激しい動きであった。このためポジション数を減じたり、手法をテコ入れして凌いできたブロガーも多かったようだ。
 しかしながら毎年同様3月最終週頃からは普段の動きを取り戻している。ここ2週間はもとのやり方の成績が十分なものとなっている。
 来週からは取引を本格化して、夏時間が終わる頃までに1つの目途を付けたい。

タグ : クロス円

今日の市場はG7を控えトレンドは出ないが、薄商いなのか値飛びが激しい。これまで3回ほど戻り売りのサインが出たがログインしたときにはすでに戻っていたりして値の掴みそこねが多い。
 こういう地合いにきっちり取っておいてクリア損切りの値幅を超えないといけないのだが、あまりにスパイクだらけの動きは兼業いびりといった感じだ。
 こんな感じで今週は終わるのだろう。

[ポンド円] 
現在のトレンド:↓~→
トレンド転換ライン:236.25

タグ : G7 薄商い クリア損切り 兼業 ポンド円

 今週末のG7ではクロス円があまり話題にならないのを見越してか、ユーロ円を中心にクロス円の高値更新が続いている。
 週末にサプライズ窓明けのリスク警戒感はまだないようだ。

[ポンド円] 
現在のトレンド:↑
トレンド転換ライン:235.25

タグ : G7 クロス円 ユーロ円 窓明け ポンド円

 軒並みクロス円が最高値を更新している中ポンド円は堅調なものの動きが鈍い。週末のG7前の調整期に入ればこのまま転換してしまいそうなほどだ。今週の年初来高値更新は厳しい。

[ポンド円] 
現在のトレンド:↑
トレンド転換ライン:234.85
 今週のポンド円はユーロ円に続いて年初来高値を更新に向かいそうだ。雇用統計が良くドル高に動いたのが大きく、ドル円が120円を超えてくると下値も限られよう。
 ドル円の影響の大きなクロス円はオージードルなどドルストレートの値がパリティ付近、つまり低いほうになる。ドル円主導のクロス円高値はポンド円は出遅れやすい特徴になる。
 オヤジの年代になってきて、動かないと腹が出てきそう(いやもう出始めてるような…)なので腹筋など体を鍛えることにした。
 筋トレ関係のサイトなんてほとんど見たことなかったが、一冊の本だけより比較できて見る価値は大きかった。学生の頃やっていた、頭に手を回して体を持ち上げるのは首を痛めるだけだったりあまりおススメではないようだった。
 せっかくなので腹筋が割れるまでやってやろうと思ったら、腹筋が割れるのに必須条件は内臓脂肪、体脂肪を落とすことらしい。腹筋だけ鍛えても無理、いやむしろやせただけで腹筋は見えて来るそうだ。
 やせるためには食事療法と有酸素運動が必要らしくジョギングやウォーキングもひまを見て、睡眠リズムや呼吸法も重要らしい。
 こんな感じで慣れてくると姿勢も良くなりリラックスできるようになって来た気がする。FXについても一息ついて判断できるようになってきたかも、無駄な抵抗も減ってきたし。腹筋が割れると利が伸ばせるなんて風が吹けば桶屋が儲かるみたいな話だが、健全な肉体に健全なポジが宿るのかもしれない。
 クロス円の中ではポンド円は弱い。雇用統計はドルストレートがよく動く。前後は計算通貨らしい乱高下となりやすいが、雇用統計に関してはドル安に触れる事がここ数年有意に多い。
 ポンドドルが弱いため円高に触れればクロス円全体のなかでもポンド円は一瞬50p以上下落する可能性がある。
 転換ラインを目処に売りあがっていく。

[ポンド円] 
現在のトレンド:↓
トレンド転換ライン:234.55
 ポンドの金利は据え置きとなった。予想が割れていたため金利差どおりの動きが数分見られたがその後の反発の強さが、逆にポンド系の堅調さを露見させている。

[ポンド円] 
現在のトレンド:↑
トレンド転換ライン:234.00
 BOE、雇用統計を控えレンジ模様が続く。234円のサポートで適宜買いが入っているが、時間的にも転換アタックが来そうな感じ。234highでいったん閉じたい。

[ポンド円] 
現在のトレンド:↑
トレンド転換ライン:234.00
 4月に入り、大方の予想通りクロス円、ドル円が上昇トレンドを強くしてきた。個人的にも3月最終週まで240円は超えないと1ヶ月前書いていたが、4月以降は長期のトレンドに回帰していくのだろう。中長期の取引はしないのでトレンドが続いてくれれば損切りが減るので歓迎だというだけだが・・・
 買い方が多く押し目もあまりないまま235円台が目の前に迫った。
 今週は雇用統計WEEKなのでドルストレートのこれ以上の変動は厳しいがクロス円主導の上昇展開はありそうだ。BOEで材料出尽くしの利益確定売りにも警戒。

[ポンド円] 
現在のトレンド:↑
トレンド転換ライン:233.25
 今週のポンド円は緩やかな上昇トレンドが続きそうだ。何度か売り込まれるアタックもこなして下値は徐々に切りあがってきた。新年度に入っても先週に続き大きな下落は控えられ、235円を目指す可能性がある。

copyright © NYANKOSTATION all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
アクセスランキング なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。