カレンダーと世界時計

カテゴリーとお知らせ

nekoste

※売買判断は自己責任で。情報商材に関するものは削除します。


最新の記事

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

複利計算ツール

開始証拠金
増加率(%)※小数点可
期間
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

QRコード

QRコード

最近のコメント

最近のトラックバック

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 FXをギャンブルで終わらせないためには目的をはっきりさせておくのが大事なんだろう。いったんこの世界にはまってしまうと上手くいこうが行くまいがなかなかやめられなくなるのは私一人ではないようだ。
 【目的】→【方法】→【結果】→【結論】
 この流れは学者であろうが社会人であろうが起承転結の標準スタイルですね。FXで生きていこうとする目的なのか、補助的なものでやっているのか、ちょっとオトナの火遊びをやってみたいのか。
 私については現段階となっては『オトナの火遊び』がしたいとはっきり目的を決めてしまったほうが正直でいいようだ。それが目的なのであれば【方法】【結果】はともかくとして【結論】は火遊び程度で本家に延焼せずに済んだ、で納得させることができるからね。
スポンサーサイト
 取引準備期間中なので冷静にFXというものが見られるこの頃だ。以前の手法を照らし合わせてポンド円のスキャルの魅力が乏しいことにふと気付いた。
 ここ半年で同じクロス円でもユーロ円に比べてずいぶんポンド円は不利になった。これはユーロポンドのトレンドにも大きく依存しているのだろう。ポンド円が190円台、ユーロ円が160円台なら短期間の変動幅がそんなに変わりないのにスプレッドが倍以上の差はぼったクリになってしまう。ちょっと前までポンド円が250円、ユーロ円が150円のときとはぜんぜん違う。
 スキャルというのはコストに見合う変動幅が確保されていないと意味がない。ユーロポンドのレートがこのまま推移すれば、ユーロ円とポンド円のスプレッド差はもっと縮まっていくべきだろう。

copyright © NYANKOSTATION all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
アクセスランキング なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。