カレンダーと世界時計

カテゴリーとお知らせ

nekoste

※売買判断は自己責任で。情報商材に関するものは削除します。


最新の記事

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

複利計算ツール

開始証拠金
増加率(%)※小数点可
期間
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

QRコード

QRコード

最近のコメント

最近のトラックバック

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 週末に上から順に取り上げている超短期取引徹底比較、5回目は逃げ場の多さから比較してみます。取引手法や通貨の特徴にもだんだん迫ってきました。 超短期徹底比較

 ドルストレートが逃げ場が少ないのは、ブレイクアウトした場合に半値戻しかまったく戻らないことが結構あるからです。重要指標の時などは特に注意です。ローソク足のヒゲの少なさが物語っているでしょう。
 クロス円の場合は上昇時は押し目を作りながら、下落時は戻しながらトレンドを作っていくことが多いです。これは危険を承知で取り上げますが、指標時にドルストレートの組み合わせのバランスが崩れてとんでもないヒゲを捕まえて成功することがあります。
 ちなみに指標時に指値・逆指値をうまく使って大儲けした手法は広く知れ渡ってしまったことで、業者に指標時の指値・逆指値を通常時より離さないと注文できないようにすることにより、封じられてしまったという逸話は有名です。
 レートが移動平均線の上下にまとわり付いている割合が多いほど逃げ場は多いです。逆張りの超短期はこのような特徴を持った通貨を選択すると比較的取り込みやすいでしょう。
 利益ばっかりのことを考えてしまいがちですが、1回の損失で大きく被害を被ってしまうのが超短期の怖いところでです。逃げ場の多さから比較してクロス円が有利ということは、他の項目より大きな意義を持つと考えています。
--
NYANKOSTATIONの記事が100件を突破しました。今後も更新がんばりますので
記念に為替ブログ村-ランキングサイトのクリックお待ちしています。
スポンサーサイト
Comment

 こういう業者による利益の変動があるのはFXがまだまだ発展途上ということになりますね。
 人が増えたら鯖を増強して最高益を更新し続けたネット証券とは対照的です。いい業者の話を共有できないなんておかしいですよね。

僕の場合、結局指標でも逆指値・指値制限なし&スリッページなしの業者を見つけることで解決となりますた
指値スルー業者は普段不利な後だし約定させられてる分、ここぞとばかりに後だしゴルァメールでつ

いつぞやの雇用統計30分前~相場終了までの鯖落ちには参ったぽ

7時間近くも落とされたらたまらんしね

最近は鯖落ち&指値スルーもやむなしで通ってるとこもあるから困ったもんですね。

指値を消すだけの作業

昨今では指標30分前だと3円幅でなければ指値ができないという指値制限がついてしまう業者もあるので
1時間くらい前からオーバーポジションながらも近いところ 遠いところところかまわずポジションを張ったりして 予期しない時間にレートが近づいてくると
指値を消す等調整しながら
15分前には張りすぎた指値ポジションをさらに減らしたりする作業をしてたこともありますが最近は全くしませんね

サーバーそのものが落ちることが多いですからw

この手の話は嫌がるメンバーもいるのでこの辺で・・


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © NYANKOSTATION all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
アクセスランキング なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。