カレンダーと世界時計

カテゴリーとお知らせ

nekoste

※売買判断は自己責任で。情報商材に関するものは削除します。


最新の記事

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

複利計算ツール

開始証拠金
増加率(%)※小数点可
期間
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

QRコード

QRコード

最近のコメント

最近のトラックバック

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このシリーズも最終回となりました。顧客と業者の関係からの超短期取引徹底比較を最後に持ってきたのには、積年の思いがあります。
超短期徹底比較
 参加者については、ドルストレートのほうが圧倒的に多いです。しかし日本ではクロス円、特に値幅の大きさからポンド円が好まれているようです。
 参加者が多い方がスキャルを含む超短期取引に有利な理由には流動性があります。インターバンクやECN(電子商取引)タイプのブローカーでは先物や株のようにbidとaskの板が枚数で並んでいます。流動性が低い、参加者が少ないと最狭スプレッド内で約定する枚数は制限されます。板の枚数より多く注文を出すとスプが広がりスリッページしたのと同じ形で約定されます。自分のオーダーがレートに反映されてしまうほどの取引量になってしまうとスキャルは苦しいです。
 もし、固定スプレッドやレート通りの約定を謳っている業者でカバー先にはない枚数のオーダーをした場合どうなるでしょうか?
 業者が損失を被るか、顧客がディーラーチェック(海外ではdealer interventionと称される)なり再提示なりで被るかになります。大口スキャルパーは顧客に有利なところを捜し求めて業者を彷徨います。そして業者にチェックされまた次へと・・・
 流動性の確保された通貨ペアでは、より多くの人が参加するほうが1回の成り行きで約定できる量を確保するうえで有利になります。これは顧客・業者の利害が一致します。海外のFX掲示板は一昔前のディーラーチェック業者批判から変わりつつあります。
 それに対し業者と顧客の利害が相反する、つまり顧客の利益≒業者の損失になりかねない通貨ペアを主に取引している人は、自分にとって使い勝手の良い業者をなかなか明かそうとしません。業者による損益の変動に直結するからです。さらに業者側も度が過ぎたスキャルパーには出て行って欲しいと思っているようで、そのような対応をされることがあります。
 以上、積年の思いで長くなってしまいましたが結論としてはこの観点からはドルストレートが有利ということです。株をやってる人で日経平均先物やソフトバンクでスキャルをやってる人がいてもヘラクレスでスキャルをやるメリットがあるかという話です。(了)
--
シリーズにお付き合いくださりありがとうございました。
少しでも参考になったという方、外為ランキングにクリックしていただけるとうれしいです。
スポンサーサイト
Comment

コメントありがとうございます。
http://makimo.to/cgi-bin/search/search.cgi?q=%8AO%88%D7%90%ED%8D%91%8E%9E%91%E3&D=deal&sf=2&andor=AND
のパート1-4くらいをnyankosenkouという名で活動してきました。
当時も今も、このスタンスを変えることは自分でも許せないし、許してくれないでしょう。

最初に拝見したときは積年の思いを字面でしか捉えることができませんでしたけど、過去ログを全部読んだら思いは重いなあと。

OTCの闇にブログを舞台にした手数料ビジネスの横行、ひとはあれだけのリソースから何も学ばなかったのかと。

相場も同じで、どこでその繰り返しから抜け出せるのかが問題ですね。

今日も堅いゆゆるからでした

コメントありがとうございます。
個々にあった条件で業者を見つけることが、取引手法と同様に重要ではない時代が来ることを願っています。

するどい分析、勉強になります。
私はCMS(http://www.cmsfx-japan.com/)使っているのですが、
手数料無料、レバレッジ最大400倍と、
なかなか仕える業者だなと思っています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © NYANKOSTATION all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
アクセスランキング なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。