カレンダーと世界時計

カテゴリーとお知らせ

nekoste

※売買判断は自己責任で。情報商材に関するものは削除します。


最新の記事

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

複利計算ツール

開始証拠金
増加率(%)※小数点可
期間
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

QRコード

QRコード

最近のコメント

最近のトラックバック

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 単純なシステムが今なお通用する現実 で移動平均線のクロスシステムを取り上げました。
 コメントでもご指摘いただいたように、
ドローダウンが厳しいところでは成績が伸び悩んでいます。
損益曲線がきれいな右肩上がりになるほど理想的なシステムに近くなります。今後どの時点でシステムを運用開始してもうまくいく可能性が高いということになります。
 なぜ、厳しいドローダウンになったのか?
 移動平均線のクロスシステムではその期間にちゃぶつきが多かったからでしょう。順張り系のシステムではこのちゃぶつき対策がキーポイントになってきますね。
 このちゃぶつきさえ抑えられたらなあ・・・現実にはそれがもっとも難しいんですけど。

ランキングのクリックたまにはお願いします。  
スポンサーサイト
Comment

 欲との戦いに勝つのは難しいです

う~ん、玉を増やす、という発想がないのですよねぇ。一攫千金ではなく毎月の生活費をコツコツ稼ぐ、というのが基本なので、資産が増えてもかえって、使うのに余裕ができた、というとこですか。
これは老い先短いので貯めるより使うほうに回った方がいいかも、という状況のためでもあるでしょうが。

このあたりは、人生観、と将来設計の問題かな。

複利運用

張れる玉を資産に応じて増加させる点は複利運用を生かす上で重要になってきますね。
システムの複利運用となるとドローダウンの警戒リスクはさらに大きくなりますね。
こつこつ貯めたものを、複利で玉を多くしてドローダウンで全部持ってかれると悲しいですね。

資産増加曲線を維持させる上で、システムよりも張れる玉を資産に応じて増加させる点が難しいと思いました。約定しにくくなるのはもとより、僕の場合ロットの大きさの重圧に途中で心が折れてしまいますた。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © NYANKOSTATION all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
アクセスランキング なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。