カレンダーと世界時計

カテゴリーとお知らせ

nekoste

※売買判断は自己責任で。情報商材に関するものは削除します。


最新の記事

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

複利計算ツール

開始証拠金
増加率(%)※小数点可
期間
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

QRコード

QRコード

最近のコメント

最近のトラックバック

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 このグラフは手動スキャルシステム資産曲線の理想と現実 の2006年7月度に今週の成績を加えたものです。証拠金ベースの増減なのでもちろんスプレッドやスリッページなどコストも全部加味されたものです。


■ポンド円 (7/17-7/22)
勝ち取引:16回 負け取引:3回
勝率:84.2%
勝ち抜き幅合計:311pips 負け抜き幅合計:128pips 
Netの抜き幅合計:183pips
1回の取引当たり平均勝ち幅:19.4pips 1回の取引当たり平均負け幅:42.7pips
プロフィットファクター(PF):2.43
[コメント]
・スキャルシステムを堅実に守ることに主眼を置いた今週の取引だった。
・スキャルは小さい抜き幅の取引なのだがこの系のシステムといえども相場に左右される。
・今週は週の中ごろ一方的な上昇トレンドに乗り調子が良かったが週を終えると結局想定していた勝率に回帰した。
・7月の前の2週と今週で同じようなことをしているが今週の利益率は結果として前週までを上回っていた。
[追記]
・先週までの取引を振り返って今週の取引にどう生かしたかなど、手動システム取引の現実的な運用については週末に気まぐれに更新しているシリーズ:システム取引の理想と現実で取り上げます。今回は実際の取引の各論的な内容と普遍的なシステム・手法の総論的な内容とを結びつける企画です。

ランキング投票お願いします。クリック数が多ければ早めに次回の更新を考えたいと思います。
スポンサーサイト
Comment

抜き幅は毎回同じ枚数で評価しています。
損益曲線は可変ですがこれはまた次回取り上げる予定です。
毎週こんな成績なら文句ないですがトレンドのない週には横ばいかジリ貧になるので取れる地合に取るタイプですね

nekosteさま、

これは1枚あたりってことでよろしいのでしょうか?
Expected Payoff がおよそ9.63で、週およそ20トレード
前後いけるとすると、素晴らしいシステムですね。

素人にはとても真似できません。。。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © NYANKOSTATION all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
アクセスランキング なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。