カレンダーと世界時計

カテゴリーとお知らせ

nekoste

※売買判断は自己責任で。情報商材に関するものは削除します。


最新の記事

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

複利計算ツール

開始証拠金
増加率(%)※小数点可
期間
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

QRコード

QRコード

最近のコメント

最近のトラックバック

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
週に20回ほど取引して、ポンド円のスプレッドをたとえば8とすれば160Pをコストとして計上していることになります。
ないものねだりしても仕方がないのでスプレッドの狭い通貨ペアで検証してみたんですが、取引回数や勝率が減る結果になってしまう。このジレンマを現実にみて、FX業者ってぎりぎり採算のラインを想定してて各通貨ペアのスプレッドを決めてるんだろうなと実感します。顧客に勝てるかも?と期待を抱かせながらもぎりぎり負けてしまうラインで。
スポンサーサイト
Comment

不思議なことにリミットとストップのバランスも各通貨ペアともスプレッド込みでだいたい同じバランスになるんですよね。

興味深いきじですね。勉強させていただきます。

面白い実験ですね

ポンドのスプレッドが大きい理由は
5pだと業者が儲からないからなんですね。
うすうす思ってましたわ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © NYANKOSTATION all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
アクセスランキング なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。