カレンダーと世界時計

カテゴリーとお知らせ

nekoste

※売買判断は自己責任で。情報商材に関するものは削除します。


最新の記事

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

複利計算ツール

開始証拠金
増加率(%)※小数点可
期間
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

QRコード

QRコード

最近のコメント

最近のトラックバック

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 FX業界についての海外掲示板ではこの話題で一時持ち切りとなっていました。
Reuters and CME Announce Participants in FXMarketSpace Early Adopter Program
 これまで相対取引による不透明な約定、資産保全の不安定さなどからFXのリテイル市場は日本を含む一部の東アジアを除き低迷していたようです。
 FXMarketSpaceはロイターCMEが50%ずつ出資し、
Participating banks and prime brokers include: AIG Financial Products Corp., ABN AMRO, Barclays Capital Prime Services, Citigroup, Credit Suisse, Fimat, HSBC, JPMorgan, Merrill Lynch, Prudential Financial/Bache Financial, RBSなどの格付けの高い金融機関がレートを提示し、CMEのGLOBEXの完全電子商取引(ECN)を採用し透明な、dealer interventionのないanonymousな競争力のある市場を育てようというものです。競争力のあるpriceとは、他の大手プライムブローカーがユーロドルとドル円のスプレッドが通常1pipsなのでそれに対抗し得るということだと思います。すでに、準備ページもできており、今年の11月からプレテスト、2007年の第一四半期に市場がオープンする予定となっています。
 CMEではこれまで通貨先物市場がありましたがレートが先物のレートであることや大手のプライムブローカーに比べ取引量が少ないためスプレッドが広い場合があること、クロスペアがほとんど取引されていないことなどから個人投資家には敬遠されがちでした。FXMarketSpaceではCurrency Pairに載っていますようにユーロ円、ポンド円も取引可能になることが決まっています。今年の春ころにはポンド円は載っていなかったので今後さらに増やしていく予定なのでしょう。
 このサービスは、われわれにとっても魅力的だと思いますが、Futures Magazine誌によると海外の有名ブローカーのひとつで日本でも認知度の高いInteractive Brokersも参入の意向を示しているようです。今後数年以内に世界のFX業界に大きな影響を与えることになるかもしれません。
 この記事を取り上げるにあたって不思議に思ったのは、報道でもブログでも日本ではこの話題がほとんど触れられていないということです。このブログでは今後もこのFXMarketSpaceについて新しい情報が入り次第取り上げていきたいと考えています。
ランキングのクリックたまにはお願いします。
スポンサーサイト

タグ : CME ロイター FX FXmarketspace

Comment

いずれ株式・先物市場のように透明な市場へと変わっていくのでしょうが、まだ過渡期なんでしょうね。

FXMarketSpace

リテール投資家には開放しないようですね。

隊長さん

「未だに約定がこない」 「再提示の再提示の再提示」「指値スルー」 「サーバー落ちた。」「何このスプレッド?」 「固まった。」「ポジションが消えた?」「凄まじいスリップくらった」「底上げきてる」「どうやら約定させる気がないらしい」「クレーム処理遅すぎる」ここ一週間でも異なる業者を使用してる私たちの間でリアルタイムでこのような会話が日常的にほぼ毎日飛び交ってますね。
 意外にブログを書いてる人たちはそういう記事がないのが不思議です。記事にして不満を解消させたくなるのが普通だと思うんですがね。
 実はトレードしてないんじゃないかなと思います。実際使用してる人間の声が聞きたいはずなのに宣伝だけが先行してますね。

あとポンスイがあれば満足です

>>タキシード仮面さん
謳い文句と実態がかけ離れたものと多くのユーザーが気付いた頃ポンドマンさんのブログ並に使用感を書いたのがもっと増えるかと思ってましたが全く増えませんね。増えるのはアフェリブログばかり。

このサービスをリテール向けにまで開放するかどうかについて、海外でも明確な表明はまだされていないのが気になるところです。
http://www.elitetrader.com/vb/showthread.php?s=&threadid=68513
このフォーラムの展開に注目しています。

日本語の記事としてはロイターのプレスリリースくらいでしょうか。
http://about.reuters.com/japan/pressoffice/pressreleases/index.asp?pressid=2739

>>タキシード仮面さん
「斜めから見た」に釣られるべきなのかしら。。

触れてはいけない部分

●コストが減れば減るほど、以前記事にされていたスプレッドの有無で大幅に変化した湯路ドルの損益曲線が、いい感じになりますね。

●この記事を取り上げるにあたって不思議に思ったのは、報道でもブログでも日本ではこの話題がほとんど触れられていないということです。
>>触れられていないというより、ブロガーサイドからみても日本の報道サイドからみても、触れてはいけない部分だということなのでしょう。 
 ブロガーサイドから見れば、アフリエイトブログが主流の中、あの手この手で広告を踏ませたいわけですが、CME&ロイターのタッグで一発で話が終わってしまいます。
 日本の報道サイドからみれば、海外からもどってきつつある海外資金の再度流出を促進させるような報道は政府側からさらにみると相当まずいのかもしれません。
 2006年もあとわずか、何故クリックの税金が一律20パーセントなのか、深く考える時期が来ているのかもしれませんね。
 比較するだけではなく、広い見地で斜めから見たような記事というのはありそうでないものです。
 また、どこの業者もトラブルはつきものですが、ブログにおいてそういうトラブルが一切かかれていないのも気になります。ほとんどのブログが業者(社員)ブログに見えて仕方ないのが現状です。
 お奨めというだけで使用感など全くかかれていませんし、または書かれていても、使用したこともある側からみれば「それは嘘だろう」と読みながら突っ込んでしまいます。
 最近思わず突っ込んでしまったところは、1クリック瞬間約定と堂々と紹介された記事。数百枚クラスのエントリーで瞬時約定する国内業者は残念ながら、みたことがありません。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © NYANKOSTATION all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
アクセスランキング なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。