カレンダーと世界時計

カテゴリーとお知らせ

nekoste

※売買判断は自己責任で。情報商材に関するものは削除します。


最新の記事

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

複利計算ツール

開始証拠金
増加率(%)※小数点可
期間
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

QRコード

QRコード

最近のコメント

最近のトラックバック

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 このブログに検索から来られる場合のキーワードには両建てが非常に多い。両建ての是非についてはここでは取り上げない。
 前回の続きの話。両建ての場合、レバレッジ固定取引では、損失を確定後の枚数より両建てで逆玉を建てる枚数のほうがポジションを維持できる。
 両建てを同一通貨で行っても意味はないという考えがある。しかし、例えばポンド円を見てみると、各市場で値動きがまったく違うことに気付かされる。同一通貨であっても同一な市場ではないのだ。
 トレンド相場では両建て逆玉も後から見ると絶好のポジションとなっている。損した側の最初のポジションもレンジ相場のアヤで逃げられる場合もある。この点については過去の記事で詳細に分析している。
 複利運用に両建ての妙味を見出すとすれば、ハイレバレッジを維持できる点にある。
 ただ、この手法には問題も多い。続きはまた次回。
スポンサーサイト

タグ : 為替 スキャルピング 順張り 両建て FX ポンド円 押し目買い 戻り売り

Comment

両建ての正しいやり方についてそのものを書いているわけではないですが、このブログのブログ内検索で「両建て」で検索するといくつか該当記事があります

 日足D1で転換した部分で外してみるとか
それが騙しであった場合、どうリスクをとるのか最初から計画 シュミレーションしてやるしかないんでは?
 戦略的に用いるのなら、 「のせ」 「つなぎ」 あたりで検索したみたら?

両建ての正しいやり方とかどこかに書いてありますでしょうか?
苦し紛れに離れてしまってから取ると失敗なので
同じような地点から両建てはするものなのか。。。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © NYANKOSTATION all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
アクセスランキング なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。