FC2ブログ

カレンダーと世界時計

カテゴリーとお知らせ

nekoste

※売買判断は自己責任で。


最新の記事

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

複利計算ツール

開始証拠金
増加率(%)※小数点可
期間

QRコード

QRコード

最近のコメント

最近のトラックバック

 複利運用は連敗に弱い。最大ドローダウンが大きいシステムでレバレッジの高い複利運用となると破産確率が非常に高くなってしまう。
 スキャルの連敗防止策に名案はないが、1回あたりの抜き幅を小さくするほど勝率は上がり、連敗率も低下する。
 1回あたりの抜き幅を小さくすればトレンドのミスも逃げ切りやすい。1回あたりの抜き幅を小さくするためには1回あたりの負け幅も小さくするのが妥当だが、1回あたりの負け幅を大きくしたほうがストップに掛かりにくくなり連敗率は下がる。
 このあたりのバランス次第で成績は大きく変わってくる。地合にもよるのでスキャルだからといって安定した成績は残せないのだ。
スポンサーサイト



タグ : スキャル ドローダウン 抜き幅 複利運用

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © NYANKOSTATION all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
アクセスランキング なかのひと