カレンダーと世界時計

カテゴリーとお知らせ

nekoste

※売買判断は自己責任で。情報商材に関するものは削除します。


最新の記事

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

複利計算ツール

開始証拠金
増加率(%)※小数点可
期間
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

QRコード

QRコード

最近のコメント

最近のトラックバック

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スイングの場合スキャルより大きめの幅を狙うので数pipsのスリッページやタイムラグによる機会損失でも補えるはずと踏んでいた。
 しかし、実際東京時間や睡眠中モバイルなどで急に対応するのにポジションを取りあぐねてしまうことがある。
 たいがいこういう時間は小動きの中で絶好のスパイクが出る場合である。5分足では小動きのときの数pipsの差でもものすごくチャートで大きく見える。しかしロンドンや指標後に見るとこの動きは全然たいしたことないことになる。
 見やすくしてくれているのだろうがチャートソフトはたいがい直近の最高値・最安値が上下の端になるように上下幅を修正してくれている。だからレンジが小さいときは少しの動きでも大きく感じてしまうのである。
 スイングに5分足は向かない。30分や時間足で横軸のチャート表示を日単位で確認できるくらいのものを見ながらポジションを取り、手仕舞いをしたほうが理論値と実現値が近づくかもしれない。そうすればすんでの差でポジション管理をためらうストレスは減るだろうか。
スポンサーサイト

タグ : ポンド円 システム スイング スキャル

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © NYANKOSTATION all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
アクセスランキング なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。