カレンダーと世界時計

カテゴリーとお知らせ

nekoste

※売買判断は自己責任で。情報商材に関するものは削除します。


最新の記事

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

複利計算ツール

開始証拠金
増加率(%)※小数点可
期間
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

QRコード

QRコード

最近のコメント

最近のトラックバック

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 多くの本に書いてあるようにポジションサイズの設定はリスクを負う金額から決定される。
 リスクを負う金額をストップ幅とすると、ストップ幅が一定になるシステムのほうが、より積極的なポジションサイズを設定できる。
 スイングのストップ幅を50、スキャルのストップ幅を30とすると、スキャルのほうが1.6倍のレバで勝負できるということになる。
 もし、スキャルスイングの想定抜き幅が同じであるのなら、同じリスクを負って早く多くの利を得ることが可能なのはスキャルであろう。
スポンサーサイト

タグ : スキャル スイング

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © NYANKOSTATION all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
アクセスランキング なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。