カレンダーと世界時計

カテゴリーとお知らせ

nekoste

※売買判断は自己責任で。情報商材に関するものは削除します。


最新の記事

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

複利計算ツール

開始証拠金
増加率(%)※小数点可
期間
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

QRコード

QRコード

最近のコメント

最近のトラックバック

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スキャルピングなど短期の取引は勝率が高いことが必要条件ですね。小さく利益を積み重ねてきて大きく負けるのがこの手法の弱点ですが、全勝など不可能なことで、掴まってしまった場合の逃げ場探しがトータルの損益に大きく影響してきます。
 最も基本的な対処法はポジションを取ると同時にストップを入れることですが、短期になるほど機械的にストップを入れてしまうとスプレッドもあるので勝率は下がってしまいます。曲がったと思って切ったら戻したという憂き目も良くあります。
 こういうとき、売買システムやテクニカルに基づいて売買している人は強いかもしれません。良かれと思って取ったポジションがもう少し粘ると良いのか逃げ場を見つけて一刻も早く切りたいのか、その判断を瞬時に行い、客観的にポジを操作できることが期待できます。
 ここまではありふれた話でした。今回言いたかったのは作った売買システムをシステムテストに載せた時、たとえ右肩下がりの損益曲線になろうが構わないのだということです。TL,LDN,LDN+NY,NYそれぞれ全く違う動きを見せる為替相場を一つの同じintradayの売買システムで機能させるために苦心することより、心理的な抵抗線を作っておいて心理的に負けないほうが短期売買には有用だと思うのです。
スポンサーサイト
Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © NYANKOSTATION all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
アクセスランキング なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。