カレンダーと世界時計

カテゴリーとお知らせ

nekoste

※売買判断は自己責任で。情報商材に関するものは削除します。


最新の記事

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

複利計算ツール

開始証拠金
増加率(%)※小数点可
期間
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

QRコード

QRコード

最近のコメント

最近のトラックバック

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 システム取引のサインを音とメールで伝えるために場中はmetatrader4(MT4)を常駐させているのだが、週末にはヒストリカルデータを用いてシステムの研究・メンテを行っている。
 ヒストリカルデータが増えてくるとMT4が非常に重くなっていき、ついには起動しようとするとCPUが100%のままで起動しなくなってしまった。
 このような事象が起こったときにいったん全部削除して再インストールしていたのだが、原因はヒストリカルデータの取り込みにあったことがわかった。
 \Program Files\の中のMetaTrader 4のhistoryのファイルの中のGBPJPY5.hstなど、hstファイルが5000KBを超えてくると読み込んだまま終了すると起動しにくくなり、外して終了しても起動後にHistory Centerを開こうとするとフリーズするようだ。Pentium 4 3.6 GHzでメモリを1GB入れている場合だ。さらにスペックを上げるのにしても限りがある。
 この場合、ヒストリカルデータの中身を削除してしまうのも一法だが、ヒストリカルデータのファイルをMT4内から別の場所に移動させておき、直近のデータだけにして大きなヒストリカルデータは検証のたびに読み込んだほうがスムーズに行くようだ。MT4は複数インストールできるのでリアルタイム用と検証用に分けておくのも都合が良い。
 というわけで個人的にはリアルタイム用は直近データのみ、検証用はフルレバ50倍でFXシステムトレード。さんのAutoForexiteとCandleStickEditorを使用させてもらい、作ったままの場所に置いて毎回読み込んで、次回起動前にMT4内のhistoryに残ったhstファイルを削除して利用している。1分足はAlpariのサイトからダウンロードして別ファイル保管している。他にもいろいろ分別ファイル管理している。
 たくさんのデータで普遍性の検証を行うことで複眼的な見方ができるのは便利ですね。
スポンサーサイト

タグ : システム取引 metatrader4 MT4 ヒストリカルデータ 普遍性

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © NYANKOSTATION all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
アクセスランキング なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。