カレンダーと世界時計

カテゴリーとお知らせ

nekoste

※売買判断は自己責任で。情報商材に関するものは削除します。


最新の記事

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

複利計算ツール

開始証拠金
増加率(%)※小数点可
期間
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

QRコード

QRコード

最近のコメント

最近のトラックバック

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 NY時間はダウ平均とドル円の相関を見ているけどいつも連動しているわけではない。しかしながらこの時間帯は米国市場の動きに振り回されていて米国市場が荒れると為替相場も荒れるというふうになっている。これまでの東京・ロンドンとドル円がまったく違った相場になってしまう。為替相場が難しいのは時間帯によって勝手に違う相場をやらされていることを意識しなければならないことだ。株なら安定資産株から仕手株みたいに。
 米国市場のみで集中してデイトレードするのなら、他の時間帯は無視してこの時間の動きのみに注目したほうがより動きを掴みやすいしシステム・ルールも作りやすい。そして、その米国時間の結論がダウ連動なのならCBOTmini DOW(YM)でもやったほうがちゃぶつきも少なくて動きもいいんじゃないかと思った。
 個人的には今回のドル円ウォッチのシリーズは好成績を収めてきたが、より効率性を高めるためには東京市場とロンドン市場はバッサリ切ってNYのみに絞ったほうがいいと言うことだった。流れに乗る順張り系では東京市場やテーマのないときのロンドンではちゃぶつきまくってしまう。ちゃぶつきまくってやる気を失ったころにNYでドカンと大きな波が来てその波に乗れない…
 こういった記事は過去にも何回も書いている。しかし、相場が動いていると得意でない相場であってもついつい参加してしまう。それが人間なのだ。こんな抑制の効かない人間には24時間オープンの市場は向かないのかもしれない。だから時間が決まっている市場でオンオフがはっきりしている株トレーダーがうらやましく思ったりもする。
スポンサーサイト

タグ : CBOT mini DOW

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © NYANKOSTATION all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
アクセスランキング なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。