カレンダーと世界時計

カテゴリーとお知らせ

nekoste

※売買判断は自己責任で。情報商材に関するものは削除します。


最新の記事

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

複利計算ツール

開始証拠金
増加率(%)※小数点可
期間
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

QRコード

QRコード

最近のコメント

最近のトラックバック

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 このごろようやく時間が取れるようになってきたので、システム取引ツールでいろいろアイデアを試している。けっこう気に入ったものもあるのだが、数週間デモで試してからやろうとするとほとんど挫折してしまう。
 この理由として、デモだと集中力が持続しないのでサインが出るまでよそ見していたり、サインが出ても機敏に扱わずルール無視になったりするためがある。
 そもそも作ったシステムに欠陥があるかというとそれは違う。手動で動かす以上ある程度使う人のクセが反映されたものと見切っているからだ。
 取引業者のスプレッド云々や通貨の差などよりこの集中力の有無に大きく左右される。本番ならリアルマネーなので本気になると勘違いしてはじめてしまうと、本番になると余計変な力が入って集中力が持続しにくくなる羽目になる。
 集中できる時間はどれだけか?集中力に耐えられる額はどのくらいか?そこまで集中して身を削って得られるものは見合ったものなのか?
 要は身の程を知れということか。新人研修でまずは身の程を知ることなどとほざいている自分の言葉が帰宅して自分に降りかかってくる。
スポンサーサイト

タグ : システム取引 スプレッド

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © NYANKOSTATION all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
アクセスランキング なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。