カレンダーと世界時計

カテゴリーとお知らせ

nekoste

※売買判断は自己責任で。情報商材に関するものは削除します。


最新の記事

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

複利計算ツール

開始証拠金
増加率(%)※小数点可
期間
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

QRコード

QRコード

最近のコメント

最近のトラックバック

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 レンジ内で取引を行っていたのにどちらかにトレンドが大きく発生した場合、次のレンジまで両建てをする手法がにわかに脚光を浴びでいるようです。
今回は、両建てを1ペアに限る条件での両建て外しのシミュレーションを行ってみました。
外す時と外した後のレンジ・トレンド・逆トレンドを想定して6パターンのシミュレートしてみました。 両建てを
1.外す時レンジ→外した後レンジ
 両建てして始めのほうが利食いできる
 両建てした後のほうがなかなか外せない
2.外す時レンジ→外した後トレンド
 両建てして始めのほうが利食いできる
 両建てした後のポジションを伸ばせる
3.外す時トレンド→外した後レンジ
 両建てして始めのほうが利食いできない
 結局押し・噴きで損切りで始めのほうを外す
 両建てした後のポジションを利食い相殺
4.外す時トレンド→外した後トレンド
 両建てして始めのほうが利食いできない
 結局押し・噴きで損切りで始めのほうを外す 
 両建てした後のポジションを伸ばせる
5.外す時レンジ→外した後逆トレンド
 両建てして始めのほうが利食いできる
 両建てした後のほうが捕まり両建て幅を拡げてしまう
6.外す時トレンド→外した後逆トレンド
 両建てして始めのほうが利食いできない
 結局押し・噴きで損切りで外す
 両建てした後のほうが捕まり両建て幅を拡げてしまう

--
ランキング投票よろしくお願いします!
にほんブログ村 為替ブログへ
スポンサーサイト
Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © NYANKOSTATION all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
アクセスランキング なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。