カレンダーと世界時計

カテゴリーとお知らせ

nekoste

※売買判断は自己責任で。情報商材に関するものは削除します。


最新の記事

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

複利計算ツール

開始証拠金
増加率(%)※小数点可
期間
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

QRコード

QRコード

最近のコメント

最近のトラックバック

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 『利食いは早く損切りは遅く』が取引のくせになりがちですね。逆張りスタンスでポジションを取って大きく曲がってしまい、やっと戻ってきたところで仕切りを数え切れないほど繰り返してきました。  大きく曲がった後、大きく戻ってきたということはトレンドが転換して来ている可能性があるので、そこで仕切りを早まらずに両建てしてみるというのはどうでしょうか。
 両建ての効用は心理的なもの意外にはないと言われています。利益が出た状態の両建ては心理的な余裕が生まれ、じっくり待って天底を確認してから一方を仕切ることができ、逆張りの欠点を補うことができるかもしれません。
 心理的なものに過ぎないと考えるか、心理学的なものこそと捉えるか、ですね。
--
ブログのランキングも心理的に気になるところです
にほんブログ村 為替ブログへ
スポンサーサイト
Comment

私の場合、やばくなるとよく使っているので「心理学的なものこそ」ですかね。


 同じ相場で両建てしてもという批判もあるようですね。
東京、ロンドン、TK+NY、NY、オセアニアでまったく違った形相を呈しますし、スプレッドが変動する業者もあるので日内足で取引してるぶんには一つの手段だと思いますね。

僕は両建てに関しては諦めますた。
稀に数分スキャル玉とスイングポジで逆に重なるのと、年末の延税の時くらいです。
ただし、年末膨大なロットで両建てしてて思ったのですが、うまく乗りこなせれば精神的重圧が最小で大玉で大抜き出来るものではないかと感じますた。うまくこなせれば・・・の話ですが。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © NYANKOSTATION all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
アクセスランキング なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。