FC2ブログ

カレンダーと世界時計

カテゴリーとお知らせ

nekoste

※売買判断は自己責任で。


最新の記事

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

複利計算ツール

開始証拠金
増加率(%)※小数点可
期間
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

QRコード

QRコード

最近のコメント

最近のトラックバック

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 コスト条件が良くなってスキャルもやりやすくなってきたようで、このブログに過去に投稿した関連記事も多く読まれているようです。
 株やパチンコ(スロット)などと比べ1日の終わりがないのが強みでもあり弱みでもあるのがFXのスキャルですね。コストがゼロに近くなると、乱数のように儲けている時間帯と損している時間帯が交互に現れやすく、引き際の大事さに気付かされます。
 NY市場メインで取引していてもNY後半やオセアニアに近づくと動きが悪く、動きが悪いわりに一方的に動いて閉じるタイミングを失ってしまう・・・こんな経験が多々あります。
 引き際を設定するのは心の内では難しく、何か鉄則でも作っておくといいですね。この位でやめといたほうがいいってあたりが勘でわかりはじめてから、その次へのステップが大事ということで。

タグ : スキャル

 2月、3月のクロス円市場は例年にも増して激しい動きであった。このためポジション数を減じたり、手法をテコ入れして凌いできたブロガーも多かったようだ。
 しかしながら毎年同様3月最終週頃からは普段の動きを取り戻している。ここ2週間はもとのやり方の成績が十分なものとなっている。
 来週からは取引を本格化して、夏時間が終わる頃までに1つの目途を付けたい。

タグ : クロス円

 今週は口座を2分割して一方を順張りスイング、もう片方を短期では順張り、超短期では逆張りスキャルで運用した。
 結果、前者が圧倒的に利を伸ばし後者はジリ貧であった。
口座を2分割するメリットとして消極的な両建てが可能であると先週書いたが、分割して複利運用することによって調子の良いほうが飛躍的に調子付くことを実感できた。
 例えば200万円を運用して等分割する。一方が100万が200万に、もう片方が100万から50万になっても50万の益になる。これを200万単独で口座管理してトントンだと200万にしかならない。
 一見、非現実的に思えるが複利運用の場合利乗せは倍倍(ポジが増えるから)、損失は徐々に減っていく(ポジが減るから)のでレバレッジを利かせるほど2重口座管理の影響は大きくなると感じた。
 分散投資の場合、両システムの機能に顕著な差が出てしまうのであれば良い方だけやったほうがいいに決まっている。どっちもどっちの場合は相場展開によって機能している方が十分機能していない方を補ってくれる。
 2つの口座を一定の間隔で再び等分割するかどうかが次の課題になる。

タグ : スイング 両建て 複利運用 分散投資

 これだけ烈しく動く時間帯と凪の時間帯に差が出てくると、スイング用の口座とスキャル用の口座を別管理しようと思ってきた。
 スイングのトレンドとデイトレのトレンドが逆の場合、どうしても反対方向にポジションを取りたくなる。消極的な両建てなのだがこれをしないと損切りだらけでこのような相場展開では厳しいですね。
 シリーズ:取引通貨徹底比較のカテゴリではドルストレートは逃げ場が少ないと評価した。ユーロドルの場合は米国の重要指標にサインが重なることが非常に多い。
 これは好都合か不都合かというと極めて不都合なことが取引をしていて良く分かった。重要指標の前後にはスプレッドが広がったり、指値値幅制限を設けたり、約定を拒否されたりありえない再提示を受けることがある。大きく動くリスクをマーケットメイカー側ではなく顧客側に押し付けている業者がほとんどなのだ。急激な変動を負わされる地合にポジション操作を迫られるときのスリッページは計り知れない。株式投資をしている人なら市場が開く前の日本時間で8:50、米国時間で8:30に重要指標が集中しているので指標にここまで執着することはないのだろう。市場の時間を外しているということは、それだけ大きな指標がこの時間に並んでいるということだ。
 このカテゴリを見直しているが検討するほど課題が増えてきて、やはりドルストレートの短期取引は兼業や相対取引業者では無理なのじゃないかと思えてきた。

タグ : スリッページ ドルストレート マーケットメイカー 株式投資 相対取引

 トレンド転換の頻度やサインの成功率を調べていたが、ポンド円ではTK終わり~LDN中盤、ユーロドルではLDN中盤~NYに偏位していた。ドル円では特に有意な時間がなかった。ユーロ円もユーロドルほどではないがNYに多く成功サインを出していた。そしてユーロ通貨はロンドン時間にちゃぶつきやすくなっていた。
 基軸通貨の基軸ペアはやはりNYのものなのだろうか。この時間にサインが集中するということは日本時間の夜間に取引するものにとっては有利なのだろう。ポンド円は本業でdaytimeを過ごしているものにとっては多少なりとも不利であった。ポンドはやはりロンドンのもの、英国指標で大きく動くからだ。ポンド円はまもなく3月になると東京が荒れるのでさらに難化しそうだ。

タグ : ユーロドル

 ドルストレート米国指標で大きく上下する。指標のデータを見るとドルが強いか悪いかは予想より良いか悪いかが情報についてくるのですぐわかる。
 もし、指標結果に基づいてファンダメンタルを研究して取引しているならそれでいいが、日頃チャートで転換ポイントを探しながら取引しているのに、指標の良し悪しに連れられて判断を変えてしまうと損切りができない、利益確定が鈍くなる危険がある。
 指標と転換が重なることが多いのがドルストレートの特徴であるがゆえに指標で判断に魔が差してしまうことのないように、心の準備が必要である。

タグ : ドルストレート 米国指標 ファンダメンタル

 デイトレーダーがスイングや中長期的な動きを無視しているわけにもいかない。そこで時間足や日足を見たくなるが、長い時間軸を見ると、見通しは合っていてもストップラインに達して損切りしないといけない場合に躊躇してしまうミスを犯しやすい。
 この対策としては、もし分足でサインを評価しているならチャートを小さく小さく縮小して、ローソク足もつぶれて見えないほどにする方法がある。これでMT4ならSXGAで5分足で約1週間分の動きは見える。ロンドン、NYなどどこでブレイクしたか、転換したか、短期間のボラも日足ではわからないが分足では判断が付く。
 同じパラメータを入力しても、例えば、移動平均線で1時間足で30を5分足で360にしても同じものにはならないのだ。これは同じ値動きを見ても時間軸によって取引判断は変わってしまう証拠の一つとなる。

タグ : デイトレーダー MT4

 ユーロドルへ移行すべく準備中です。課題は山積ですがやはり最も取引量も多くコスト的には有利な王道通貨を扱うことが、今後の投資史でははずせないです。
 ストレートペアは逃げ場が少ないのがまず問題ですね。モバイル取引では到底間に合わない場合があるので、これまでクロス円でセーフガード的に使っていた固定ストップを転換の分岐点近くに置くようにしようと思います。
 
 先月初めの頃のエントリーで、アナログ日誌を付けていると書いた。これが1ヶ月続いた。良く続いたものだ。
 アナログ日誌を付けていて、多くの内容が損失をいかに抑えるかについて書かれていた。損切りが間に合わなかったり、損切りを躊躇して被害を拡大させた反省などが綴られている。そして、損切りをためらって幸運にも損幅を大幅に小さくできたことに対しては、間違ったことをして成功した場合は不幸である、いずれ最悪の事態を招くとさらに反省していた。このようなアナログ日誌を付けていて、それを掘り起こしてエクセルに取引履歴のワークシートを作るのは苦痛だった。
 ところがである。取引履歴を検証した結果、損失が遅れたがために増えた損幅よりも、利食いできる取引をためらって反故にしたり連敗が怖いがために薄利で仕切った取引による想定損益からの減益幅の総和のほうがはるかに上回っていたのだ。そして驚いたことに裁量取引を組み合わせた実現損益は想定損益を超えていた。
 この発見は取引に対する姿勢に大きな変化をもたらしたかもしれない。損失にこだわり過ぎていたがために、次の取引に悪い方向で引きずってしまっていた。損失については2重のストップロスで損幅は最悪にならないように設定しているし、そのセーフガードが発動しても立ち直れるようレバレッジを下げているわけだ。損幅の変動は大きいかもしれないが、平均すると裁量を加えてもクリア損切り(ストップサインが出たらズバッと切ること)と大して変わらなかった。エントリーと利食いのサインは延べ13個のサインを組み合わせているのに損切りのサインは1つに限定して簡素化しているわけだ。損幅にこだわらなくても利益が出る取引を淡々とこなす準備は整えているのに、未だに損失にこだわり過ぎていた自己に気付かされた。反省したことをもう一度反省するのは苦痛だが、その結果反省するほどのものでもなかったということがあるから反復して反省するのは重要なのだろう。

タグ : アナログ日誌 クリア損切り


copyright © NYANKOSTATION all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
アクセスランキング なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。